OA機器コラム

コピー機のcmはこちら

コピー機のサイズを知っておく

普段、会社で使っているコピーは何㎝あるかを意識している人はそんなに多くはないと思います。
リース契約満了に伴い機器入れ替えの時にメーカーからの提案で、あらためて、コピー機のカタログを眺めながら、サイズを知る機会があるのではないでしょうか。
何㎝あるかということを理解することは、このような時でも構わないと思います。
しかし、コピー機を入れ替えしたり、事務所の移転、組織変更に伴うレイアウト変更の時には、各事務機器のサイズを把握しておく必要があります。
よって、これらの事務機器も含めて、コピー機のサイズ設備リストにまとめておくことが重要になってきます。
このように設置リストに詳細がサイズが数cm単位で記載されていれば、後々の機器設置の時に大いに役立つことになるのです。
mx2310f

コピー機の具体的なサイズ

コピー機のサイズは機種、タイプ、メーカーによっても実にたくさんあります。
カラーコピー機だと高さが90数cm、奥行き70~80cm、幅80~90cm程度でしょう。
むろん、使い方によるサイズの変化も出てきます。
それはコピー機のトレーを可変的に使うからです。
最近のコピー機は、原稿送り台、受け台が機器本体の中に収容されている場合もあるのですが、大量の印刷物を組織別に分けたり、部数別に印刷したものを受けるソーター台が別途、設置されるタイプもあります。
これもメーカーによって、サイズが異なりますが、前述のタイプのコピーの専用ソーターであれば、高さ90cm、奥行き70~80cm、幅50~60cm程度です。
1つのモデルでもこのような可変的にサイズが利用場面で異なってきますので、設備リストには基本的なサイズだけを記載するのではなく利用時のサイズも記載しておくと大変便利です。

何故、コピー機のサイズをしっておくことが必要なのか

コピー機のサイスを把握しておくことは、前述の通り引っ越しなどによる機器の移動に必要だからです。
スペース的にゆとりのあるオフィス環境であれば、そんなに問題にはならないのですが、時として限られた設置面積した確保できない場合もあります。
このような場面に直面したときに、コピー機のサイズを把握していれば、数cm単位で他の事務機器は什器の配置を少しずつずらしながら、設置スペースを調整していくことも柔軟に対応できるからです。
ここでもう1つ注意したいことは、ネットワーク化対応のコピー機です。
最近のコピー機は複合機として、ネットワークプリンター機能も有しているのですが、これらの機器はLANケーブルを接続しなければなりません。
その場合、まさに数cm単位による設置が求められる場合がありますので、よりサイズ情報を把握しておくことが重要になってくるのです。

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949