OA機器コラム

コピー機の故障原因第一位とは

コピー機の故障原因で一番多いのは紙詰まりから

コピー機は紙を繰り出して印刷するものとなっていますが、この紙を送っていく機能が壊れてしまい、コピー機自体が動かなくなってしまうことがあります。故障原因の中でも一番多いとされているものであり、紙詰まりを放置したり、とんでもない方法で取り出そうとして、更に悪化させて故障させてしまうこともあります。このような問題については、日頃から考えなければならないことです。
紙詰まりというのは、軽いものなら自分でも直すことができて、普通は故障にも該当しないこととなります。しかしかなり奥で詰まってしまったり、2枚以上の紙が詰まってしまことで、コピー機が故障するケースもあります。いきなり壊れてしまうような状態になっている時は、コピー機に紙が詰まってしまい、それが原因で動かないと考えてください。
0column_r1_c3

なぜコピー機は紙詰まりを起こすと壊れてしまうのか

Young business lady is thinking about something.

コピー機が紙詰まりを起こしてしまうことで、紙を送りだす部分が全く使えなくなります。これは印刷できないことと同じなのですが、仮にその紙を取ったとしても、機械の奥の方に紙が詰まっていて、実際には動力部分が破損していることもあります。かなり奥深くで絡まってしまった紙については、動力部分にも影響を及ぼすこととなってしまい、破損の大きな原因になってしまうのです。
またコピー機が紙詰まりを起こしたことによって、送りだす機能についても影響を受けるようになります。自動で送りこむ部分に問題が生じてきて、センサーなどが異常を起こしてしまうこともあります。そのため印刷機能を押したのに動かなくなったり、突然印刷が開始される等の問題が起こってしまい、これらの異常からコピー機の故障に繋がってしまうのです。

対策はコピー機に無理な印刷をさせないようにする

対策する方法としては、コピー機に無理な印刷をさせないようにして、間違った方法で印刷が行われないようにすることです。無理な紙を入れて印刷したり、枚数を多くして印刷するようなことを行うことは、コピー機の故障に繋がってしまうこととなります。勝手に壊れてしまう可能性もあるのですが、紙詰まりは余計に故障を起こしやすいので、なるべく止めておくようにしてください。
枚数を多くする時には、出来る限り1枚ずつ流れるようなことを確認して、2毎同時にコピー機へ紙が入らないようにしてください。このような状態になって、故障するケースが多くなっています。大量の紙があると、静電気などでくっついてしまい、離れないまま印刷が開始されることもあります。これによって動力部に紙が詰まりやすくなってしまい、紙が出てこなくなって故障することとなります。
ph2s

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949