OA機器コラム

コピー機の消費電力はどれくらい?

消費する電気は昔と比べて変わっているか気になるところ

コピー機に使われている電力は果たして昔と変わっているのか気になるところです。コピーをする時の時間が問題となっており、5年前位までと比べると約四分の一以下に下がっていると言われています。実際にもっと昔の場合には電気を消費して機械を暖めるまでの時間が現在と比べて長く、7分以上も早くなっている現状があります。これは単純に消費電力が少なくなった事を示しているので、今と昔では大きな電力消費に違いがある事になります。要するに「熱」を有効的にかつ利便性良く使う事で電気自体の消費量が減ったと言う事になっています。そのため、熱効率が上がる事で電気の消費が減ると言う結論となっているので、単に内部構造の変化や機械の違いではありません。又、トナーの改良によるエネルギー消費率を減らす事でも消費電力が変わったとも言えます。 ph2s

結論から言うと消費電力はどの程度でどの位掛かっているのか

Young business lady is thinking about something.

最初に言うと、1500W程の電気が消費されています。ヒーター部分と言う上記に記載した「熱」の部分がすでに800W程も使っているので、熱効率がいかに重要であるかも理解出来ます。現在では「省エネ」機能が普通の時代となっており、この「熱」の部分をいかに抑えるかで消費電力が変わって来ると言う事になります。
フルカラーに対応しているインターネットサイトを見ても分かりますが、一度に掛かる電機量を一覧にしている場所もあります。消費電力は電気代に直接関わる要素なので、会社の経営が気になる際には自分の会社の消費資金に合わせて決めるのも良いです。
スリープ時、主電源オフ時、副電源オフ時など普段から普通に使うであろう機能から表が分かれているインターネットサイトがあるので、それを参考にする事で簡単に理解する事が可能です。

要はコスト、月でどの位の料金が掛かっているのか気になる

コピー機に掛かる消費電力は上に記載した通りですが、それに伴ってどの位の値段が掛かるのかやはり気になるところです。もちろん、使う機種によって大きくずれる事は明らかですが、大体の値段を知る事で使いやすくなります。
機種代金、保守料、消耗品料が基本です。これは紙、トナーなどが消耗品に入ります。機種代金は一度買えばそれで終わりですが、そこから消費する紙などは会社によってまちまちです。それを計算に入れた上で電力の計算をすると大体の値段が算出出来ます。現在の最新機種では消費電力を大幅にカットする事が出来るモードが搭載されているので、最新機種でその機能が付いている場合にはさほど問題にはなりません。しかし、中古商品の場合やリース商品の場合にはその機能が付いていない事があります。それを計算するのが難しいと言う時にはやはり見積もりサービスを利用するのが一番です。

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949