OA機器コラム

コピー機の光は目に悪いの?

基本的にそこまで影響の出る光を採用してはいない

コピー機の光というのは、どちらかと言えばちょっと色の濃いようなタイプであり、見ていると影響が強そうな感じも出ています。これについてですが、コピー機の光自体にはそこまで問題は無いのです。現在使われている光というのは、ハロゲンランプなどが多くなっており、そこまで目に影響が出てしまうような光ではありません。明らかに近い場所で見ない限りは、その影響は受けません。
パソコンで利用されているブルーライトとはまた違った性質を持っているので、こうした変な性質を持っている光とは一緒にしない方がいいです。ただ近くでずっと見ている分には、コピー機の光が目に入るようになり、目の異常を起こしてしまう可能性があります。変な状態になる前に、目を光から離すようにして、出来る限り影響が出にくいようにしておくことです。

長時間見続けているとさすがに影響が出てしまう

Fotolia_74381449_Subscription_XXL コピー機の光はそこまで害が無いと言っても、そのまま直視して長時間見ているとさすがに影響が出てしまいます。ハロゲンランプの中にも、目に悪い成分は幾つか入っていることとなりますので、長時間継続してみることは避けるようにしてください。さすがにコピー機を1時間以上見ているような状態は無いかもしれませんが、それくらい見ていると影響があると考えてください。
少しの間見ているだけなら別に問題は無く、目に影響が出てくるようなこともありません。しかしそのまま放置して見続けるようなことをしていると、コピー機から漏れている光が目に入り続けるようになり、目の異常が起こりやすくなってしまうのです。長い間見ることを避けていれば、基本的に光については問題の無いものですから、そうしたことを知っておくといいです。

対応しているゴーグルなどを着用して作業をすることも

どうしても長時間印刷をするような作業を行う場合、光が入りらいようなゴーグルを利用するようにして、光が入らないようにする対策を取ることとなります。そのまま放置していると、目に影響が出てしまうので、光が入っても大丈夫なゴーグルを着用しておくことで防ぎます。仕事で印刷関連の業務を行っている場合、時にはコピー機の光を見るようなことが出てしまうので、ゴーグルなどで対策をしているオフィスもあるようです。
勿論そうした仕事をしていないのであれば、特に対策を取る必要性は全くありません。こうした問題点が起こるのは、1時間以上コピー機の光を見るような状態になっていて、そらすことが出来ない状態となっている条件が付けられています。この条件に該当しないようなら、特に光への対策をする必要性は無く、直視を継続しない限りは大丈夫です。
Fotolia_92905528_Subscription_XXL

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949