OA機器コラム

コピー機のソートって何?

コピー機の便利な機能であるソートとはどのようなものか

ソート機能は多くの部数をコピーする場合にとても役に立つ機能です。
ソートとは日本語で表すと丁合(丁合)という意味。
複数枚ある紙をひとつにまとめることを示しています。
例えば、50ページの原稿を100人分コピーしたい場合、ソート機能がついていなければ、
1ページを100枚ずつコピーし、その合計は5000枚。
コピーされた用紙を1枚ずつ順番に並べ製本しなければなりません。
原稿枚数が多くなればなるほど、その時間と手間がかかりかなりの重労働。
全く効率的ではありません。
ソートはそんな手間を省くために有効な機能。
複数枚の原稿を1冊分ずつまとめながらコピーしてくれます。
コピーされた用紙をホッチキスで止めれば作業は完了。
ステープル機能が付いているコピー機であれば、ホッチキス止めの手間も省けます。
Fotolia_92905528_Subscription_XXL

コピー機のソート機能はどのようにして使えば良いのか

ph2s ものすごいスピードで進化していくコピー機は、その使い方もとても簡単になりました。
少し昔なら、ソート機能はあくまでオプションでした。
そのためコピー機本体にその機能はついていないため、後付けで取りつけるのが普通。
ですが、最近のコピー機には当たり前のようにソート機能が付いています。
A4やB5サイズなど良く使用する紙サイズの場合はそのまま使用可能。
ただし、A3やB4サイズなどはオプション取りつけが必要な場合もあるようです。
そしてその使用方法もとても簡単。
コピー機には見やすいタッチパネルが付いており、その指示通りにタッチパネル操作すれば良いでだけです。
枚数を選び、ソート機能ボタンを押し、両面か片面か、どのようにまとめるのかを選んでスタートボタンを押すだけ。タッチパネルには仕上がり例が分かりやすく表示されるタイプもあり、操作機能自体もとても分かりやすく進化しています。

コピー機の便利な最新ソート機能とはどのような機能なのか

ひと昔前のコピー機と言えばアナログ式コピー機が多かったように思いますが、現在のコピー機はさまざまな機能がひとつに詰まった複合機がほとんどです。
しかもデジタル式複合機が主流。そのためソート機能も電子ソート機能と言われるようになりました。
原稿の情報をデジタルで読み取り、コピー機内に記憶させてから印刷するといった手順です。
そのため、ソート機能と一言で言っても、さまざまな種類のソート機能が充実しています。
数枚分の原稿を1枚の用紙にまとめながらソートしていく方法や、タッチパネル上で自分の好きなように配置を変更出来たり、不必要なページを削除出来たりととても便利。
このような電子ソート機能を使いこなすことで、オフィスでの作業効率もぐんとアップさせることが出来ます。

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949