OA機器コラム

コピー機で両面印刷のやり方は?

コピー機の両面印刷で紙代を節約できる方法

コピー機は、実に多彩な機能があります。
オフィスでのベーパーレスが叫ばれて久しいのですが、コピー機のニーズが何年経ってもなるわけではありません。
このようなことから多くの機能があるのです。
しかし、大量の紙代を節約することを意識することは大事なことです。
よって、必要に応じてコピーをしたり、印刷をしたりすることが大事になってくるのです。
その機能の1つが両面印刷です。
両面印刷とは紙の裏表に印刷することですが、これを行うことによって、紙代を半分以下にすることができます。
やり方はコピー機のメニューボタンでもできますし、ネットワークプリンターとして使う場合は、印刷指示をするパソコンから印刷メニューを呼び出して両面印刷をすることになります。
0column_r1_c3

コピー機からの印刷指示で両面印刷

Fotolia_92905528_Subscription_XXL コピー機からの両面印刷やり方は、メーカーによっても異なってきますが、基本的な操作方法は同じだと言ってもよいでしょう。
今のコピー機はほとんど操作用の液晶パネルがコピー機本体に設置されています。
ここには多くの操作メニューが表示されていますが、そこから印刷方法の選択ができます。
異なる原稿サイズを指定して拡大・縮小する印刷メニューもあれば枚数指定し、印刷方向選んで印刷するメニューもありますが、両面印刷の場合は、原稿の「読み取り条件」を指定します。
元の原稿が片面なのか、両面表記なのかを選びます。
次に印刷する紙に両面するのかどうかを選んで、スタートボタンを押すのが、両面印刷のパターンです。
ここで注意することは、両面の印刷芳香を考えておくことです。
見開きの印刷パターンや横印字で上下にページをめくっていくパターンもあるので、印刷メニューの中から、選択して両面印刷をすることが必要です。

ネットワークプリンターとしての両面印刷

コピー機をネットワークプリンターとして、両面印刷するやり方も基本的には指示方法の考え方は同じです。
但し、印刷指示はパソコンから行うことが違う点です。
この場合でも、印刷メニューを呼び出して、コピー機本体からの印刷指示と同じように印刷方向や原稿サイズを指定して印刷をすることになりますが、パソコンからの印刷指示では、もう少し高度な機能もあります。
2枚の原稿を1ベージに印刷する機能です。
2in1や4in1と呼ばれており、4in1であれは4枚の原稿を1枚の原稿に印字することができます。
これに両面印刷をかけると、元原稿枚数を大幅に削減することができます。
ここでも注意することは、印字方向を考えておくことです。
これも印刷メニューにアウトプットされたイメージがアイコンとして表記されることがありますので、これを見ながら印刷をするとよいでしょう。

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949