OA機器コラム

業務用コピー機一覧

業務用のコピー機はオフィスには必要不可欠な存在

オフィス環境がガラリと変わってもう、10数年経つのですが、コピー機だけは存在が変わりません。
しかし、機能は格段に上がってきていることは事実です。
オフィス環境が大きく変わってきたのは、Windows95が普及してからでしょう。
各自にノートパソコンが配備されてきてから、今では社内にはネットワークが無くてはならない位置づけにありますが、、今では業務用のコビー機を大きく様変わりしてきています。
複合機と呼ばれるオフィス機器は最新のコピー機を指していると言っても過言ではありません。
資源保護の観点からペーバーレスが求められている中で、今でもコビー機の存在はオフィスにある機器の中でも中心にある必須の機器と言えるでしょう。
しかも、この数年でコピー機は大きく進化しています。

The image of a professional printing machine

複合機能を持ったコピー機がオフィスの主流

ph2s 最近の業務用のコピー機は複合機と呼ばれています。
昔、OA機器と呼ばれていた事務機器はコビー機の他にFAX、プリンターが挙げられました。
今でも単体として存在していますが、それらの機能を1つにしたのが複合機です。
これが業務用コビー機流だと言っても良いと思います。
コピー機やFAX、プリンターの各機能は共通している技術を使います。
よって、それらの技術を統合して複合機と発展したコビー機は、オフィスの中にはあって、重要な位置を占めています。
無駄な印刷物を出さないように複合機の画面でも印刷の取捨選択ができる機能も復号機ならではの機能と言えるでしょう。
特にオフィスのLAN化が進み、これに対応できるようになっていることが業務用コビー機の最大の特徴かもしれません。

ネットワーク化した業務用コピー機の価値

この数年の業務用コビー機が復号機と深化したことにより、社内のネットワークとの親和性が非常に高くなってきます。
複数のパソコンからの印刷指示をコピー機が受けることになるのですが、ある種のプリンターサーバー的な存在とも言えるでしょう。
大規模なオフィスになると1フロアで数台のコビー機が配備されます。
しかし、どのコビー機からでも印刷できることから、複数人がで印刷指示をかけていたとしても待ち時間がすくなくて済むというメリットがあります。
これも社内のネットワーク化のおかけだと言えます。
それだけでなくスキャナー機能も搭載しており、紙媒体で書類を保存するのではなく電子文書としてサーバー上にデータを残すための入力装置としての役目も果たすことができます。
必要な時に小ビーをして、活用頻度が低い書類はデータ化する。
これも業務用コビー機の果たす役割です。
0column_r3_c1

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949