OA機器コラム

コピー機とプリンターの違いとは

単独で動作させられるかどうかというのも重要になってくる

基本的にコピー機というのは、単独でも印刷などが可能となっているので、そのままでも使うことが出来るとされています。しかしプリンターについては、単独で動作出来ないものが大半であり、動作できたとしても昔のコピー機と同じような使い方しかできません。そのため違いとしては、単独で多くの機能を使うことが出来るかどうかという部分になります。
コピー機は単独で利用することを前提として作成されているものですから、当然動作できる機能についてはかなり充実しています。しかしプリンターは、パソコンとセットにして動作させることが必要であり、それを考えて作られているものとなっています。どちらも同じような機能を有していることは分かっていますが、単独で使いやすいかどうかという部分に違いが生まれています。

The image of a professional printing machine

大きさにもかなり違いが生まれるようになった

昔のコピー機については、プリンターとほぼ同じような大きさとなっていました。しかしプリンター技術が開発されることとなり、プリンターはより小型化を目指すようになり、コピー機はそのままの大きさを維持していることの方が多くなっています。こうした違いというのも生まれるようになり、本体の大きさについてはかなり違いが鮮明になっています。
プリンターは、家庭で使うことを前提に考えられるようになり、小さな場所でもおけるようにするため小型の状態になっています。一方でコピー機というのは、店やオフィスでの利用を前提として考えられますので、大きさについては変化させる必要性があまり無いのです。そのため大きさについてはどんどん違いが生まれるようになり、小さなプリンターと大きなコピー機という変化が生まれました。

紙を入れることのできる枚数がかなり違っている

紙を入れることのできる枚数については、かなりの違いを持っています。家庭用のプリンターですが、そこまで多くの枚数を入れることが出来無くなっていて、100枚のコピー用紙を置いておくと紙詰まりが起こってしまう可能性があります。基本的に30枚くらいを上限として、それ以上は入れないようにして欲しいという説明も書かれているので、あまり多く入れてしまうことは出来ないのです。
一方でコピー機というのは、大量に入れておいても大丈夫で、100枚や200枚をそのままトレイの中に入れておいても、印刷はスムーズに行われることとなっています。コピー機は大量印刷という部分においても重点が置かれているので、しっかりと印刷が出来るような状態にしています。この違いについては、使い勝手という部分にも影響してくることで、コピー機の方が大量印刷は可能です。

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949