OA機器コラム

コピー機の寿命ってどれくらい?

どのくらいコピー機の寿命はあるのでしょうか?

コピー機の寿命はどのくらいあるのでしょうか? 新しいコピー機を、自分の会社のオフィスに導入するような場合もあるのではないでしょうか。このような場合には、やはりコピー機の寿命が気になるでしょう。
では、一体、一般的にはコピー機は何年くらい使うことができるのでしょうか?レンタル契約やリース契約する場合でも、一括で買う場合でも、どのくらいコピー機の寿命があるのかを把握しておくことは非常に大切です。しかしながら、コピー機の機種によって寿命も違ってくるため、一律に寿命の目安になる年数を出すのはなかなか困難ですが、寿命の計算の方法については把握しておきましょう。ここでは、コピー機の寿命の計算の方法について見ていきましょう。
ph2s

コピー機の寿命は使用する環境によっても違う

0column_r3_c1

使用する環境によっても、コピー機の寿命は違ってきます。しかしながら、コピー機の寿命の相場としては、だいたい耐用年数は5年間あり、300万枚がコピー枚数のトータルということのようです。このため、コピー機の寿命としては、5年の耐用年数と300万枚のトータルのコピー枚数に達するまでの、いずれか早く来くる方であると見なされます。
当然ですが、300万枚のトータルのコピー枚数になるまでに、どのくらいの枚数を毎日コピーし、どのくらい毎月のコピー枚数になるかによっても違ってきます。
なお、コピー機というのは、使用しない場合には30年くらいの寿命になるのではないかと考えられがちです。しかしながら、実際には、使用する頻度が多くない場合でも、ゴムなどを使用している部品は長期間経つと自然に劣化するため、この時点で寿命になります。

月間にコピーする枚数をまず計算することが大切

コピー機を選択する場合には、月間にコピーする枚数をまず計算することが大切です。例えば、100枚くらい1日にコピーする場合、月間にコピーするトータルの枚数は3,000枚になります。そのため、1分間にコピーするスピードが20枚くらいの機種が適当であると言われています。コピーするスピードに関しては、1分間にコピーするスピードが25枚くらいの機種もあります。しかしながら、コストを重要視する場合には、あえて1分間にコピーするスピードが20枚くらいの機種を選択するということも方法の一つです。
スピードを優先したい場合には、1分間にコピーするスピードが25枚くらいの機種を選択するようにしましょう。
このように使っていって、トータルのコピー数が300万枚くらいになると、コピー機の寿命になったと考えていいでしょう。もちろん、機種によってトータルのコピー枚数の上限は違ってきます。
0column_r1_c3

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949