OA機器コラム

コピー機のadfって何?

コピー機のadf機能って、どんな時に使う?

コピー機には、多くの機能を搭載した複合機というものがあります。
しかし、どのような複合機タイプのコビー機でも、業務用となるとadf機能が付いています。
この機能は自動で大量の原紙をスピーディーに原稿送りしてくれて、一気に指定枚数をコビーしてくれる機能です。
家庭用やシンプルな低価格機では、手差し感覚でコピーをする危機がありましたが、業務用においては、オフィス環境ではスピードと正確性を求められる複写のニーズがあります。
このような時にadfは、多いに力を発揮してくれることになります。
最近のオフィスは次官との勝負が求められる程。高い効率性を示さなけれなりません。
このような仕事におけるニーズに対して、adf機能はなくてはならない機能として、業務用コピー機の基本スペックとして位置づけられています。
Fotolia_92905528_Subscription_XXL

精密性を求められ培われてきた技術

Young business lady is thinking about something.

コピー機のadf機能は、既に何十年も前から確立されている機能です。
しかし、機構的には非常に精密でシビアな正確さが求められています。
一度に何十枚~100枚以上の原稿を一気にコピーしなければいけないならないことも珍しくはありません。
短時間でコピーするとなると、それだけでも気候的には正確性と強靭な機構を両立されなければならないのです。
まとまった原稿を送り代に乗せる段階でA4版なのかA3版なのかというような現行サイズを認識させるためのトレード調製も必要になります。
また、これだけ高速のコビーとなるとシワのある紙やホッチキズ留が残っている原稿もあるでしょう。
このようなばあいは、センサーが働き強制的に印刷をストップさせる機能も普通に付いています。
何気ない機能のように思えても、そこには巧みな技術が惜しみなく投入されています。

adf機能を使いながら多彩な印刷可能できるコピー機

adfを使うと短時間で一気に印刷できることがわかりました。
ここでコビー機の他の機能を組み合わせて、より多彩な印刷が可能になってきます。
その一つがソーターによる選別です。
ソーターがあれば、複数の機器印刷をしても1ページから最終ペーシまでを揃えて、ソーターに仕上がった原稿が出てきます。
しかも、ステイプル機能を併せて設定しておけば、1部ずつホッチキス留めを自動で行ってくれます。
大量のコピーを部数ごとにまとめて、製本までできるとなると大幅な時間短縮となります。
この機能も可也昔からなるのですが、意外と利用している人は多くはありません。
せいぜいソーターを使う程度なのですが、このような機能があること自体、認識が薄いのかもしれません。
このような埋もれて入る機能もコピー機かなりあるので、adfと組み合わせることで、より効率性の高い仕事が実現できると思われます。
ph2s

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949