OA機器コラム

コピー機業界の今後の市場規模予測はこちら

コピー機能以外にも数多くの分野が目白押しとなって来ている

コピー機業界は今後、コピーだけでなく、複合機として取り扱っていくのが現状と予測しています。市場規模も拡大の傾向にある複合機は現在のコピー機だけの機能よりも多くの機能を兼ね備えているため、多くの面で充実した作りとなっています。一般的な動向としてはコンソールタイプが使われている事も明らかとなっています。90年代まではアナログ方式となっていましたが、現在ではデジタル方式となっている事もあり、殆どのオフィスなどで使われているものとなっています。デジタルになった事で数多くの機能を備える複合機としての役割を増やす事となっており、これからもこれに伴ってデジタル方式が開発されていくと見ています。現在ではオフィスにおける主戦力として役立っているため、今後も同じ経過になる事が予測されています。 ph2s

新製品を見ると殆どがデジタルであり、アナログは全くない

The image of a professional printing machine

複合機を含めたコピー機は業界では当たり前となっていますが、市場規模を真剣に見ると確実にデジタル方式が主流となっている現状があります。これは、アナログ方式が少なくなっている事を表している事になりますが、少なくなっているどころかアナログ方式の方の新製品は全くないと言う結果になっています。これは、上記に記載した通りデジタル方式が主流になって来ている事を表す良いデータです。加えて、今後を予測するデータを見てもデジタル方式よりもアナログ方式の方が開発されると言う未来は予測されておらず、今後もデジタル方式が開発され、省エネ対策などが行われていくとされています。省エネに関しては現状では策が尽きて来ていると言う結果にもなっており、従来の様な大幅な改善の見込みは難しいとされています。

実は一般のオフィスでは利益が減少していると言う結果となっている

実際にサポートしている企業の人のリサーチによると、一般のオフィスで使われているコピー機などの割合は減っている様であり、今後は利益減少は免れないものとなっています。別の分野で収益を出そうと言う取り組みもあるので、今後の予測としては段々と使われなくなるのではないかと予測されています。業界の方では、今後も生産は続けていく様に開発や提案が行われているものとなっているので、すぐに無くなると言う未来はないとされています。
コピーそのものの破壊と言う事が言えるだけのサービスも社会に浸透しているので、今後はコピーではなく「保管」と言う形に変化するのではないかと予測されています。又、コピー機業界に聞くと終焉と言う考えをしている場所も多くなっており、今後の機能として保管するか印刷するかなどの自由性もユーザーに聞く様な形をとる可能性もあると予測されています。

Young business lady is thinking about something.

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949