OA機器コラム

コピー機のリースのメリット

コピー機のリースは初期費用がかからないので導入しやすい。

商売をするうえで、比較的どんな業種であっても必要になってくるのがコピー機ではないでしょうか。実際に業務に耐えうるコピー機を買おうとすると、それなりの金額がかかってしまうものです。それに対して、コピー機のリースというのは、初期費用がほとんどかからない場合が多いようです。開業資金の温存にもなりますし、リース契約であれば銀行の融資枠に触れることなくコピー機を導入することができるという、資金面に対するメリットというのは大きいと言えるのではないでしょうか。また、リース契約というのは比較的審査が厳しくないとされていますので、短期間で導入できます。そのため、事業を始めるにあたっても早い段階でコピー機を導入できるというのはとても安心で便利と言えるでしょう。 ph2s

コピー機のリースは全額経費に計上できます!

Fotolia_79014743_Subscription_XXL

コピー機のリースというのは、事務手続きといった面でも大きなメリットがあります。月々のリース代というのは全額経費として認められています。また、コピー機や複合機を購入した場合については、資産としての管理が必要になってきますし、資金調達、減価償却、保険など様々な事務手続きが発生するものです。それに対し、リース契約の場合には所有権はリース会社となっているため、事務手続きとして必要なことはリース代としての経費計上のみです。コピー機は資産になりますので、決算時の財務比率などを圧迫する原因にもなりがちです。実際に節税対策の一環としてリース契約を選んでいる会社もたくさんありますので、現実的にメリットは大きいとのことです。

コピー機のリース料金はメンテナンス・保守代なども含まれている。

リース契約のメリットは、一定金額にメンテナンス・保守代などが含まれていることが大きいと言えるでしょう。何度もメンテナンスのサービスを頼むことになってしまうと、とても費用が高くなってしまいがちです。最近のコピー機や複合機は、複雑な構造であるが故に部品そのものも高くなっている傾向があります。その点、リース契約であればそういったメンテナンス・保守が含まれているわけですから突発的な出費がないことと、事務上の手続きでもわずらわしさというものがありません。実際にリース契約中の予算というのは既に決まっているわけですから、それ以上の金額を確保しておく必要がないということでも安心の契約かもしれません。割高になりがちとは言われますが、コピー機はメンテナンスや保守なしでは使い続けることが難しい機器でもあるため、そういった安心面を換算すると高くないのでは?とも思います。 Fotolia_97081687_Subscription_XXL

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949