OA機器コラム

コピー機で両面印刷のやり方は?

両方を印刷すれば紙の節約にもなり有効活用出来る

両面を印刷する事で紙の節約にも繋がり、企業の資金も同時に節約する事が可能です。このやり方を覚える事でこれからの業務も良い方向に向かう事は間違いありません。種類によっては小さいサイズの紙は両面印刷出来ないパターンもありますが、基本的にはコピー機の設定画面で両面を選ぶ事で両方に印刷する事が可能です。インターネットを参考にするなら、企業のホームページの質問ページを見るなど自分で質問するのもありです。2枚ある原稿を1枚の紙にする方法もあり、1枚の原稿をそのまま1枚にコピーするやり方もあります。そのため、片面原稿を両面にコピーするためにはコピー画面の設定を片面と両面を選択します。最初の時には普通に片面になる様に設定されている事が多いため、画面で見て判断する必要があります。これを利用する事で紙の節約になるので、利用価値もどんどんと出て来ます。 0column_r1_c3

他の機能も使って更に利用しやすくする事が大切

Fotolia_92905528_Subscription_XXL 両面コピーする時の機能として、最初の設定を見るのは当然ですが、設定を間違えた際には取り消しボタンがある事も知っておきたい事です。両面印刷する時には必ずコピー機画面を見て判断すると言う考え方で間違っていません。更に便利な機能としてコピーする時に左右の向きを同じにするための機能も存在しています。これを利用する事で単純に表と裏を逆にしてコピーする事も可能となっています。重要な事として紙質によっては両面印刷が出来ないパターンもある事には注意したいところです。対応していない場合には手順通りに従って試みても上手くいきません。又、機種によっては両面印刷のためのオプション設定が必要な場合があり、別売りとなっているかどうかもコピー機を購入する前の注意点ともなっています。

基本的な流れを知れば、後は自分で色々と試すのが一番

両面印刷する方法の基本的な流れを知る事で色々と試す価値も出て来ます。指定の方法がある場合には角に合わせるなどそれに従う事が大事です。原稿をセットした後には両面を選択して、片面になっていないかどうかをチェックする事が始めの一歩です。片面の紙を両方に写したい場合には片面と両面と言うのを選ぶ事であり、両面から両面に写したい場合には両面プラス両面と言う設定を選ぶ事が大切です。片面の紙を両面に写したい時に詳細設定をする事も可能です。左右向きにする事で右から左に本を読む様な原稿にする事が出来て、上下開きの設定をする事で下から上にページを送る様な形式にする事が可能です。何にしても、両面印刷の使い方はコピー機画面を見る事が大前提となる事を覚えておく事が大切と分かっておきたいです。 Fotolia_79014743_Subscription_XXL

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949