OA機器コラム

コピー機の用紙サイズ一覧

大きく分けると少ないものでも、細かく分けると非常に多い

コピー機に使える用紙は大きく分けるとA判とB判となっています。これは、一般的にも言える事であり、用紙の種類はそこまで気に掛ける人も多くありません。一般的に見るサイズは人が良いと感じるサイズになっており、文書、雑誌、単行本、辞書、画用紙など使い分け方によっては非常に多いものとなります。A0~A10、B0~B10と言うサイズ別になっており、簡単に言うと各11個のサイズから分けられています。使用用途によって用紙サイズを決めるので、オフィスで使われるものがこれ、と言う概念はそこまでありません。A3、A4、B5、A6が基本的に使われるサイズとして認識が高く最も利用されているサイズとなっています。普段から目にするサイズも大体がこの4種類のサイズとなっているため、使いやすさから見ても全体的に見ても利用価値が高い事も分かります。 professional printing machine

最近ではもっと増えている事も知った上で利用するのが吉

Fotolia_79014743_Subscription_XXL 上記に記載したサイズ以外にも使用する場合によってはA12、B12などの様に新しいサイズの形が出来上がっているパターンもあります。更に比率を拡大、縮小する事で自分の好きな倍率にする事も可能です。厳密に言うと用紙サイズが無限大にあると言う事にもなるので、見やすい用紙サイズにするのも良いです。もしも、ファイルなどに納めたい場合には、それのサイズに合った紙の大きさを選ぶ事も重要になります。加えて、A判からB判に変えると言うやり方をする場合もあるので、コピー機の性能があれば、文字も見えやすく非常に綺麗なコピーが可能となります。用紙サイズを一目で見たい場合には等倍、拡大、縮小合わせて表にしてあるサイトもあるので、これを見て参考にするのも良いです。

業務用に多いサイズはどれなのか知っておくと使いやすい

A3が最も業務用に使う比率の高いものであり、用紙サイズはA4の面積の約2倍位となっています。業務用として使う時にはA3を使っている場合が多いと言うリサーチ結果なので、業務に使いたい場合には覚えておくのも良いです。菊判、四六判、AB判などの様に特殊なサイズの用紙もあります。これは、各判よりも若干大きかったりするサイズなので、基本的なサイズでしっくり来ない場合に使う事が可能です。又、新書判、レターサイズ、タブロイド版、ハガキなど多くのサイズがコピー機を助けています。結局は自分に合ったサイズがない場合に使う事が多いものが殆どであり、一般的なサイズで合わない場合には大体は菊判や四六判を使っている事が多くなっています。コピー機で出力可能な最大サイズは現在ではA3、最小サイズはB5となっています。それぞれに使い道があるので、参考にしても悪くありません。 0column_r1_c3

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949