OA機器コラム

コピー機でa3用紙のモノクロ印刷のやり方

コピー機選びにおける様々な利便性と付加価値

書類を複写出来るコピー機は様々な状況で活躍するもので、特に会議やプレゼンテーションでの資料作りにおいては大きな力を発揮するものです。コピー機の性能にはそれぞれあり、コピー出来る用紙のサイズ、カラーやモノクロ、コピー自体のクオリティ、また複合機などに見られるコピー以外の付加価値などがあるでしょう。業務用であれば機能的には申し分ありませんし、また最近のコンビニに置かれているものであれば様々なサービスも受けられます。
基本的にコピー機はかなり高額で、購入ではなくリース契約をしている事業所も多くあるでしょう。一方で個人や小規模のオフィスでコピー機を持ちたいと思った場合も、専用機ではありませんがリーズナブルなものがあります。a3などの大きな用紙にコピーは難しいかもしれませんが、プリンターやスキャナー、またFAX機能が搭載されており省スペースという点から考えても利便性が高いでしょう。自分がコピー機を使う場合、自分の状況を踏まえて何を購入するか、あるいはコンビニなど利用するかを考えても良いでしょう。
ph2s

交換が必要となるインクとカードリッジの種類

ct200818 複合機だけでなく専用のプリンターの価格を見た場合、性能から考えても安いと思います。その理由として別途インクが必要であり、それが消耗品であるので常に購入しなければならないからです。もちろん、それはコピー機も同様です。
プリンターや小型の複合機であれば自らインクを購入して交換する事になるでしょう。一方、本格的なコピー機であれば自ら交換する事は簡単ではありません。その為に購入した業者やメーカーが交換するケースもあり、リース契約の中にはコピーをした枚数を支払うものもあるのです。
ちなみにインクにはインクカードリッジとトナーカードリッジがあります。インクは綺麗さに優れており、トナーはスピードに優れています。またトナーの方が交換に機をつけなければなりません。

簡単に使えるコピー機における落とし穴について

コピーをするだけの目的であれば、コピー機の使い方は難しくはありません。まず原稿をセットして、用紙サイズ縮尺、カラーかモノクロ、色の濃さや枚数など設定して、開始ボタンを押せば良いのです。ほとんどのコピー機は原稿のサイズに見合ったサイズの用紙でプリントされます。また元々がモノクロで設定されているので、一枚だけ縮尺なしのモノクロをコピーするなら、原稿をセットして開始を押すだけで良いのです。
もしa3の用紙にコピーするなら、元々の原稿がa3なら簡単です。ただしa3以外の用紙、例えばa4の原稿をa3にコピーする場合、縮尺設定をしないとa4の大きさしか印字されずそれ以外は余白となってしまうでしょう。コピーに失敗する理由として、枚数の間違いもありますが、この縮尺の間違いによって無駄にしてしまう事もあるのです。多くのコピー機は縮尺設定もわかりやすく、a4からa3という様に設定ボタンもあるので慎重にやれば大丈夫です。
Young business lady is thinking about something.

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949