OA機器コラム

コピー機の勘定科目とは

コピー機の条件によって変わる勘定科目について紹介

基本的にコピー機の勘定科目については工具器具備品にあたり、コピー機の不具合により修理が必要になって修理費用が掛かった場合については修繕費として計上しますが、コピー機を購入した条件によって勘定科目が変わってきますので注意が必要です。勘定科目が変わる判断基準としてはコピー機自体の価格が10万円未満の場合は工具器具備品に該当せず、販売管理費に該当するので事前に確認が必要になります。経理担当の方はコピー機の勘定科目を決める際には自信が務めている会社が購入しているコピー機の価格から調べてみて、どの条件に当てはまるか確認してからコピー機の勘定科目を決めてください。勘定科目が分からなくなりがちなコピー機ですが、事前に調べておくことで問題なく計上できますので、良く調べてから対応しましょう。 ph2s

コピー機をリースした際の勘定科目についての紹介

professional printing machine コピー機の勘定科目を何にしようかと悩んでいる時にコピー機の購入金額によって勘定科目は異なりますが、コピー機を購入したかリースしたかによっても勘定科目が変わってきます。コピー機を購入しなかった場合、そのコピー機は会社の資産にはならない為、勘定科目は賃借料として計上します。またリースしている場合はコピー機の基本使用料と印刷費など基本使用料以外の項目で費用が掛かるものについては事務用消耗品費として計上します。その他に紙代やインク代などについても事務用消耗品費として計上します。コピー機の勘定科目を決定する前には自信の会社がコピーを購入しているのかリースしているのかを先ず確認し、リースの場合にはリース会社から請求書が送られてくる際にどのような項目名が書かれていて基本使用料以外には何が請求項目として含まれているかを確認してからコピー機の勘定科目を決定しましょう。

コピー機を購入した際の勘定科目は購入費用だけ計上すれば良いわけではない

コピー機を購入した際に勘定科目をコピー機購入費用が掛かった分のみで勘定科目を考えがちですが、購入料金以外にもコピーをする際に必要なコピー用紙、インクなどの備品についても計上する必要があるので注意が必要です。コピー機自体は消耗するわけではないのでコピー機が10万円以上の購入費用であった場合は工具器具備品に該当しますが、コピー用紙、インクは消耗するもの、かつ事務に使用するので事務用品費として計上する必要があります。また修理などに掛かった費用については修繕費として計上する為、コピー機の費用を計上する時にはコピー機の購入に係った費用と併せて消耗品に掛かっている費用、修繕費としてかかっている費用を全て把握した状態で勘定科目を決定していきましょう。 Young business lady is thinking about something.

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949