OA機器コラム

コピー機の世界シェアランキング

第一位はパッカード!世界が認める企業として名高い事が確定

世界が認めている企業で第一位に輝いているのは「パッカード」です。日本独自とは違い、世界から見る目だと「パッカード」が一番となっている点は注目を集めています。IT業界の達人としても評価を集めており、非常に優秀な機械の数々が信用を獲得した結果です。第二位も第三位も「サムスン」、「キャノン」と続く事から大手メーカーの存在は世界シェアでも大きい存在となっており、口コミなどでいくら叩かれようとも世界が認めていると言う事実があります。技術的にもコピー機の王様として君臨している事からこれからも世界が認めて行く事は変わりありません。現実に前年を見ても第三位までの企業は上位を占めている事から、次の年になったとしても信頼が崩れる事はそう簡単にはない結果となっています。 Fotolia_79014743_Subscription_XXL

日本を代表するメーカーはどうなのか?世界から見て評価は?

ph2s 日本を代表するメーカーは一体どんな評価を受けているのかと言うのは気になるところです。上記に挙げた「キャノン」は世界からも信頼を集めている事を伝えています。その他にも「富士ゼロックス」や「リコー」、「ユニカ」などの企業は世界的にも認められている企業となっており、そのシェア率も「キャノン」の20%程度には追い付かないものの、いずれも10%を上回っている結果となっています。データ的に見ても信頼されている事が分かるだけでなく、どの企業も日本では有名な場所です。自分達も常識の範囲で知っている企業はやはり強いと言う事になります。特にその中にある「富士ゼロックス」は世界でも初の普通紙の複写機を開発した会社です。アメリカでの開発が最初となっていますが、その信頼は今現在でも続いていると言う結果が見て取れます。

昔も今も変わらない信頼が世界からある会社は今でも健在

「キャノン」や「リコー」、「富士ゼロックス」はどの企業も第一位を取得出来る程の企業です。世界シェアから見ても十分に評価も高く、日本人の目から見ても信頼出来る要素が沢山ある会社です。実際に現在でも新型を出し続けているだけでなく、誰もが認める大企業として成長を遂げています。2012年からのランキングを見ても多少のずれはあるものの、世界からのシェア率が常に高いのが特徴です。日本の企業と言えば、「シャープ」などもそうですが、これも同様に世界からのシェアが高い位置にいます。日本国内で使われているコピー機の生産元が日本国内となっている事でも信頼されている事がすぐに分かります。世界からも十分に信頼されているコピー機を作れる事に関心がない人でも「凄い」と感じる事が出来るだけの商品となっている事が世界の目で判断出来ます。 professional printing machine

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949