OA機器コラム

コピー機のランニングコストはいくら?

ランニングコストとして適応される部分は幾つかある

コピー機のランニングコストとして適応されるものとして、まずコピー機の紙という部分があります。紙については利用する枚数によって大きく変わることとなりますが、ある程度紙は安く販売されているので、そこまでコストとして高くなることはありません。それよりも注意しなければならないのがインク代で、かなりの量を使っているなら、早々に金額が高くなってしまうのです。
ランニングコストの中でも結構増えてしまうとされているインク代は、かなり注意をしておかなければならない部分です。コピー機を利用することを考えている会社は、インク代をどれくらい狭めることが出来るのかに重点を置くこともあるくらいで、かなりしっかりした対応をすることが多いです。当然価格を下げられるようなら、ランニングコストも大きく下がることとなります。
ph2s

印刷する枚数によって価格が変わるカウンター料金も

0column_r1_c3 もう1つ大きな要素を秘めている部分として、カウンター料金があります。印刷した枚数1枚につき、これくらいの価格が必要という形で設定されており、高額になる可能性を持っている部分です。カウンター料金が高くなっていることは、支払っている金額がかなり多くなっている可能性もありますので、ランニングコストの見直しなども含めて検討していくこととなります。
リースの場合、カウンター料金が必要となっているタイプが多く、1枚につきどれくらいの料金を払わなければならないのかをチェックしておきます。この枚数がかなり多くなり、支払い額が多くなっていると、ランニングコストについても大きく上昇していくこととなります。月々の支払いについては、大きな要素を締めている部分が減ることで、大きく減らしていける可能性もあります。

これにリース代を含めて支払いをすることとなる

ランニングコストはどれくらいになるかは、まずリース料金等も含めて考えることとなります。カウンター料金はそこまで高くないものの、印刷する枚数によっては2万円近くまで上昇することがあります。インク代は1ヶ月に何度か交換することとなれば、1万円くらい必要になります。紙の料金は大量に入荷していれば、1万円を割り込むこともあるので、大体ランニングコストとして扱われるのは4万円くらいになります。
これよりも押されることが出来ているのであれば、普通に安く利用できていると判断すればいいですし、高ければちょっと考えなおす必要があります。リース代等も含めると、相当な額を月に支払っている可能性があり、1度ランニングコストについては見ておかなければなりません。4万円程度ならコストとしては当然と言えることなので、目安として考えておくといいです。
Young business lady is thinking about something.

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949