OA機器コラム

コピー機の減価償却期間とは

コピー機の減価償却

会社でよくコピー機やプリンターを使われていることと思いますが、これらは「減価償却」の対象となります。減価償却を大まかに言ってしまうと、製品の価値が時間の経過につれ下がってくることを指します。
絶対に帳簿にも関係してきますので自営業者や、経理関係であればこの減価償却は理解しておいたほうがいいでしょう。
まずコピー機などの、業務に使う備品などの資産価値は、時間がたつにつれ、どんどん価値は下がってくることになります。ですのでこれを取得したときに掛かった値段の金額が全て「必要経費」となることはありません。
その備品を使用できる期間で分割し必要経費で計上していくのです。減価償却とは、それが指すものを取得するときに、掛かった金額を年数で計算し、その計算分を、固定資産税から引いていくことになります。
ph2s

減価償却費の計算方法

Young business lady is thinking about something. 本文2減価償却費の計算方法で「定額法」という計算方法があり、これは毎年、一定額で償却していきます。必要なのは「取得価格や耐用年数」、「償却率と残存価額」等になります。取得価格というのは、現物を取得する際に掛かった費用になりますので、取得するときに交通費用などが掛かった場合は、これに含まれます。
また耐用年数ですが、コピー機は5年程度になっています。償却率ですが、5年で0.2程度です。
残存価格ですが、これは処分するときにかかる見込みの金額になります。取得の価格に10パーセントかけたもので計算される場合が多いです。
減価償却が必要なときには国定資産台帳が必要です。そしてその大腸の中に取得した日や、そのときの値段、償却残高を書いていく必要があります。

減価償却まとめ

要はビルや車、備品やコピー機など仕事に長期間使うものは使用するであろう期間で費用としたほうがいいという事から減価償却というものがあります。
減価償却の費用は減価償却費と呼ばれ、損益計算書で記されます。
また耐年数についてですがこれらは、物の寿命の年数と同じと思う人が多いのですが、そうではなく
簡単に言えば分割の年数です。
耐年数とは税法で一律設定をされています。物にもよって違えど、鉄筋の事務所などは50年、自動車などは6年、コピー機やテレビなどは5年と規定で定められています。
これらの「耐用年数」と呼ばれるものですが、その物の種類や作り方、使う用途によって定められています。もちろんこの耐用年数を超えても、動けばまだ使用はすると思われるので、それらを残存価額とし取得したときに掛かった金額の5%程度で評価しておくという決まりでした。本当はそれよりもプラスになることは少ないのですが、規定では取得価額の95パーセントまでは、費用として計上出来ていました。
professional printing machine

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949