OA機器コラム

コピー機の部品名称一覧

コピー機の部品や名称

今はパソコンや、プリンター、コピー機、スキャナーと様々な事務機器が出てきて、どの機器もどんどん高性能になっていきます。また全ての機能が入っている「複合機」と呼ばれる事務機器も出てきました。これがとても便利で、会社の事務所やフリーランスの方はご自宅に1台は置いてあることが多いです。今は複合機もとても安価で手に入るものもありますので、いちいち1つの機能を持った機器類を全部買い揃える必要もなくなり、費用面でも効率面でもとっても身近なものになりました。こんな身近なものであっても中々機能面や各部の部品や部品の役割、名称と聞かれると全然知らない人が多いです。なので少し基礎知識を頭に入れておくと何かあった時に説明が出来ていいでしょう。 image-product-mp_c8002

複合機の部品や名称

複合機の名称や部品、機能についてですが、例えばメジャーな人気の複合機EPSONのEP-805の機種を参考にして説明すると、何処にでもある今多いタッチパネルタイプのコンパクト複合機です。
操作する部分の名称を操作パネルといい、これらを指先で、優しくタッチするだけで次の操作を指定できます。
印刷やコピーや、ファックスなどの実行時や、切り替え時には操作パネルでの操作が必要になります。
原稿を乗せる、透明のガラスのような色をした台は原稿台といいます。これは上にある平らなふたを閉め、コピーや印刷、スキャンしたりする役割を持っています。
用紙を入れるところは、用紙トレイと呼ばれます。ここは用紙をまとめて一気に入れておくだけでその後の操作は不要です。デジカメなどでとった写真のデータが入った記録カードを差し込むところを、メモリースロットと呼びます。これは写真の印刷などする人はよく使用する箇所です。

コピー機各部名称2

よくトナーという部品も聞くことがあります。これも触れる頻度としては多い部品でしょう。
トナーは消耗品で、インクとも呼ばれます。この中身が全然無くなり空になると、紙に印刷したり出来ません。トナーというのは、元はとっても小さな粉からできていて、これを材料に紙に印刷していきます。最新機種であれば、残りのトナーの残量を見れたりしますが、見れない機種も多いです。
ドライバーという部品は、パソコンを機器を接続した際に、コピー機を制御するためのソフトウェアになります。
このドライバーというソフトウェアはインストールしないと、機器に色んな動作の指示が送られてきませんので動きません。それに不具合がなくなるために定期的にアップロードしておきましょう、最後にドラムも重要機器です。
これはコピー機の心臓部のようなもので、これに少しでも傷が入ると、紙への移りも変わってきます。この交換は専門業者に頼むほうがいいでしょう。重要でよく使う部品名だけは頭に入れておきましょう。
ct200818

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949