OA機器コラム

コピー機を分解するとどうなる?

素人では元に戻せないので、分解するなら注意が必要

コピー機を分解する時に注意したい事として挙げられるのが、元に戻せない事となっています。もちろん、単にバラバラにするだけでも非常に大変な作業である事もインターネットだけでなく、専門業者も伝えているので、素人が手を出す事はおすすめ出来ません。本当に分解するつもりがあるならトナーなどが付着している部分に十分に注意し、爆発を起こさない様にしないといけません。粉塵爆発とは言え、危険である事には変わりないので、水で洗浄するなど必要な作業を知っておく事も大切です。これを専門としている業者も多く存在している程に大変で難しい作業となっているため、素直に業者に依頼するのが得策です。そして、素人だと言う事を実感するためにも必要な事と認識したいところです。

実際に分解するとどうなるのか?どんな部品が出来てどんな部品が使える?

コピー機には様々な部品と部品が歯車で繋がっています。稼動させるために必要となる重要な部品であり、コピーする時に歯車を回してコピーが完了していると言っても良い位です。又、部品としてはローラー、電磁クラッチなど普段はあまり目にする事がない機械も存分に見る事が出来るので、注意点を踏まえながら分解すれば良い勉強にもなります。コピー機が何段になっているかもすぐに分かる事や、意外と中身が汚れている事にも気付きます。分解した後に次のコピー機を使う事があれば、清掃作業に重点をおくきっかけになる可能性も十分です。解体の方法を知っていても素人がやると10時間は掛かる位に大きな手間です。正確な作業時間は分かりませんが、素人が分解すると大量の時間が掛かる事は覚悟が必要です。分解した後に出て来る部品は専用のものが多いため、ほとんど使う事は出来ない可能性もあります。

運搬する時には簡単な分解をする場合があり、オフィス移動にも役に立つ

コピー機を分解すると、軽く運べる事は確かですが、上手くやらないと失敗する事になります。コピー機の輸送を担っている業者だとある程度までの分解方法を知っている事から安全に輸送する事が出来る様になっています。作業時間を手早くするために必要な部分しか分解しない場合もあります。危険と言う訳でもなく、単に早くするためと言うパターンもあります。又、大切な事として勝手に分解作業などをすると保証がなくなる可能性もあります。絶対に自身のある場合や廃棄処分する場合以外は触らない事が重要です。分解すると、様々な部品が出て来ますが、その中にはお金に換えられる様なものもあり、単に捨てるよりも利益のある事があります。他の部品も同じ機種なら使える可能性もあるので、自分で分解する時にはこの点にも注意が必要です。 Fotolia_79014743_Subscription_XXL

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949