OA機器コラム

複合機の性能比較一覧

複合機の性能は比較しないと分からない事が多い

複合機の性能は比較しないと分からない事が多くなっており、業務の効率をアップさせる事は確かです。各企業の複合機を比較しないと分からない事が多くなっており、高機能、コスト、モノクロ対応、カラー対応、サイズと様々な事から選べるのも現代ならではの事です。顧客からの満足度も高いものもあり、特価セールなどを除けば安い複合機などを見付ける事も可能です。コストだけでなく、使いやすさなども企業によって違うので、比較しないと分からない事は多くなっています。インターネット通販でも比較する事は可能となっていますが、人気のものは大手メーカーである事が多くなっており、比較しやすいのも確かです。「キャノン」の複合機は「C3320F」がナンバーワンとなっており、続いて第二位は「富士ゼロックス」の「C2263N」となっています。 professional printing machine

 

実際の機能で見るとどうなのか?機能別で見ると分かりやすくなる

img_product60 コスト、機能、画質、使いやすさなど各カテゴリの一番があるので、それぞれの良さは十分に知っておかないといけません。「富士ゼロックス」の商品を比較してみると「C2276」は高画質を機能別で見た時にナンバーワンとなっており、省エネ対策もされているため、企業にとっても使いやすい機種となっています。「ApeosPort」シリーズではネットワーク連携機能やその上位モデルなども存在しているため、環境を考えた上ではこれは重要です。ネットワーク機能であれば、「hp」が一番となっている事も言われており、画質や写真の様な感じにしたい時には「エプソン」や「キャノン」が良い企業となっています。又、使いやすさと言えば、コンパクトなサイズを意識している国内最小サイズの「エプソン」の「LP-M620F」を使う事で机の上でも安心して置く事が可能となっています。

 

コスト、サイズなどで見る事で様々な利点が存在している事が分かる

世界最小サイズと言う複合機や各企業の最小サイズを比較すると、どれも机の上に置けて、省エネ対策をしており、女性でも持ち運びが可能となっている点は意識しています。個人向けとして新しいモデルが発表されるのも当然ですが、何が変わっているのかと言うのも重要です。一見して何が変わるのかと言うところですが、良く比較すると大手メーカーの製品では印刷コストや複合機自体の元の値段、インクの価格などそれまでに掛かっていた料金よりもコストパフォーマンスを良くしている事が分かります。最新モデルと一つ前の機種があまりにも早く発売されたとしても中身はこうした違いがある事が分かります。他にも自分の好みのカラーが増えた、消費電力が変わったなど中身の部分は大幅に変化している点は重要となっているので、見た目だけでなく、中身も比較するものとして考えた方が無難です。 thumb_400_01_px400

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949