OA機器コラム

複合機メーカーのシェアについて

複合機メーカーの近況

複合機は一回に一台、会社にも絶対に1台は持っているという位日常の生活にはかかせないものになってきました。
複合機を販売するメーカーで有名なところは、リコーさん、キャノンさん、富士ゼロックスさん、シャープさんがよく聞くメーカー名になっています。多くは日本の会社です。日本は海外から事務機器や他のOA機器の評価は高いです。今は、これらのメーカーの機器によって性能の優劣は見えなくなってきました。
複写機で言えば、上位シェアのリコーさん、富士ゼロックスさん、キャノンさんが有名です。これらに名前を挙げている会社で販売される複合機は、性能面でのトータルでみても非常に優れたもになっています。2012年度で見れば、国内のシェアはキャノンさんがトップで、次がリコーさんとなっています。

ph2s

 

複合機の情報共有やペーパーレスの今後

複合機のマーケットで言えば、紙を使わない「ペーパーレス」という機能を、コスト面でも効率面でもとても積極的に活用を呼びかけています。
また、無線LANで複数台ある複合機の情報を共有し、管理やコストが効率よく費用をかけない仕組みに変化しています。どこの複合機販売店でも、リコーさんやキャノンさん、シャープさんの入荷が多いため、最新のモデルを入荷したという情報が入ったらすぐ売り切れるときもあります。
今は一部の企業では全ての作業をペーパーレスで行っている会社もありますが、現在このペーパーレスシステムを社内の作業に導入することは、多くの企業にはまだ普及されていません。しかし今後は設定がどんどん容易になり、使い始めるまでの複雑な設定も必要なくなってきます。また社内の情報管理のために、共有のファイルサーバーなどに必要なデータを保存するということも出てくるでしょう。今度のペーパーレスの社内導入に関しては、会社では相当必要とされてくるでしょう。

 

複合機業界の圧倒的シェアの会社

現在はキャノンさん、リコーさん、富士ゼロックスさんなど複合機の業界で圧倒的シェアを誇っている会社はCRXと呼ばれます。富士ゼロックスさんだけは、違う視点を持ち、独特なものになります。このオフィス機器を販売する市場は、今はとても飽和状態です。今後はそのシェアを御互いに奪い合いをする形になります。なのでこの飽和状態時に新しく力を入れることが出来る、分野を求めていくしかありません。上記の3社の今後の戦略に期待していきましょう。物づくりなら、キャノンさんがダントツでしょう。営業力などはリコーさんが強いといわれています。顧客への対応力で柔軟性が評価されているのはリコーさんです。しかし今はキャノンもIT事業に力を入れています。どの会社の今度もどう進化していくのか楽しみですね。 image-product-mp_c8002

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949