OA機器コラム

複合機業界の市場規模について

段々と減少している傾向にあり、出荷台数が減っているのも事実

業界的には未だに各企業との勝負関係が強く、まだまだ最新の機種が発売されるのも現実問題です。しかし、複合機自体の市場規模は段々と出荷台数を減らしていると言うのも現状であり、これからの動きに注目を浴びているのも確かな情報です。これはデータ上の話しであるため、実際にユーザーがなくなって欲しいと言った訳でもなく、これからの動き次第ではすぐに上回る可能性は十分にあります。インクジェット機器が機種の大半を占めていると言う流れもあり、カラーとモノクロならカラーの方が増加していると言う現実もあります。この点から見てもインターネット上のランキングなどを見てもカラーの機能を備えている複合機の市場が拡大しているのが分かるので、これからもこの動きは前進して行くのではないかとも考えられます。 Fotolia_92993794_Subscription_XXL

 

コストの面でも考えるとまだまだどちらが有利なのか一目瞭然!]

Fotolia_79014743_Subscription_XXL 複合機の市場はカラーを備えている方が成長すると言うのは当然の事の様に思えています。しかし、実際には企業はコストパフォーマンスに優れた機種を選定する事が多くなっており、コストに優れたモノクロの方が導入実績が若干高いと言うのもあります。複合機はコピーだけでなく、スキャナや他の機能も備えているため、柔軟性が高いと同時に一個の機種で電力の供給を少なく行えると言う利点も含まれています。又、FAX機能を備えている複合機もあるなどまだまだモノクロの複合機が有利な点は変わりありません。もちろん、省スペースで導入出来る事から様々な用途に使う事が出来るのも利点となっており、これからの機能次第では更に導入実績が増えるとも予想されています。もちろん、スマートフォンやタブレットの様な急な時代の流れの変化にも対応しているので、これからも期待出来る機械として紹介もされています。

 

複合機はどんな形で普及したのか?市場に参入した経緯はやはりビジネス目的

少し前まではレーザー複合機は音の問題や熱の問題、設置場所の問題などで広くは伝わっていませんでした。しかし、インクジェット複合機はその問題を大体の意味で解決し、ビジネス市場に最新機能をのせて大手メーカーなどが出した事で爆発的にヒットし今に至っています。現状ではビジネスの場にある事が当然となっていますが、やはり、コピー、月に印刷する枚数、印刷コストなどを考えた機種もどんどんと開発されています。中小企業でなくてもコストパフォーマンスが良いに越した事はないので、売れ筋でもコストに優れた機種が上を占めています。複合機を比較出来るサイトや見積もりサイトなどもある事から少しの違いで大幅な違いが出ると言う市場である事も当然の事です。複合機の業界は最新機種なども定期的に発表されると言うのが現状なので、これからの動きも重要視出来る存在です。 ph_visual (2)

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949