OA機器コラム

コンパクトな複合機一覧

各メーカーのコンパクトな複合機について

複合機については、現代のオフィスにおけるIT機器として、なくてなはらない存在となっています。エコロジーブームとして一時的にペーパーレスを推進した企業もありましたが、結果としては紙をなくすことはできず、今でも会議資料などを紙で配布している企業がほとんどであるという事実は否定できません。このニーズを満たすべく、各社からバリエーション豊かな複合機がラインナップされています。
時代とともに、複合機の性能は向上していますが、ここでは主にスモールサイズオフィスなどに向けたコンパクトタイプの複合機について紹介したいと思います。特に、都心のオフィスの賃料は高いですから、コンパクトなのはそれだけでメリットがあるのです。
mx2310f

 

キヤノン製のコンパクトな複合機について

キヤノンは、最近ではデジタルカメラなどで有名なメーカーですが、複合機機についても優秀な製品を作っている世界企業です。もちろん、複合機についてはスモールサイズオフィス向けのコンパクトな製品から、ラージサイズオフィス向けのハイエンド、プロシステムまで幅広くラインナップしていますが、コンパクト複合機としてはiR-ADVC2218F-Vが最もバランスが取れています。エントリーモデルとして価格も安く、導入しやすいというメリットがあります。その他には、ニューモデルとしてiR-ADVC3330もコンパクトで高性能な点に定評があるモデルです。
これよりさらにコンパクトさを求められる場合には、出力をA4サイズに限定すれば、iR-ADVC350Fがよりコンパクトです。オフィスのコピーニーズのほとんどがA4サイズですから、割り切るのも一方策です。

 

ゼロックス製のコンパクトな複合機について

ゼロックスといえば、昔はコピーの代名詞として使われていたほどですから、複写機・複合機の世界では老舗と言っても過言ではありません。特に、複合機だけでなく、基礎研究所でコンピューター全般に関する先進の研究をしていることでも有名で、現在のパソコンのウィンドウシステムの基礎を開発したと言われてもいます。
当然、現在でも複合機をバリーション豊かにラインナップしており、もちろんコンパクトサイズの複合機も選択できます。選択肢としては、DocuCenter-VC2263かDocuCenterSC2021となりますが、どちらも1分あたりカラーおよびモノクロとも20枚の出力能力を有しています。100万円を切る価格帯で、スモールサイズオフィスにも導入しやすいというメリットがあります。コンパクトさの比較としては、新製品のDocuCenter-VC2263の方が有利といえるでしょう。

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949