OA機器コラム

サイズ別複合機一覧

複合機のサイズを知っておくと導入する時に便利なので、覚えておきたい

スモールオフィスなどで使いたい複合機の場合はなるべく幅をとらない商品の方が良くなります。そこで、省スペースでも活用出来る商品を選ぶと共に、費用なども重要視されます。「キャノン」の「C350F」はユーザーの意見を取り入れた最新機器であり、使いやすさを追求している機種でもあります。これは省スペースで使う事が出来るだけでなく、サテライト複合機としても活用出来る強みがあります。コンパクトなサイズとなると、「キャノン」の製品が目立つ事もあり、「C3320F」も同メーカーの商品です。小さなサイズでありながら、幅広い機能を備えているので色々な企業や仕事にも使えるのは強みです。操作方法も分かりやすいため、簡単に覚える事も出来る様になっています。「MFX-C3400N」は利用時の手間を省けると共に用紙のサイズを自動で考えてくれる機能を持った機種となっています。

A2サイズに対応している機種なら使い勝手も広がるので活用したい

0column_r1_c3 「PREMAGEA」はA2サイズの用紙にまで対応しており、どんな用紙にも対応していると言っても問題ない作りとなっています。多彩な用紙に対応出来るものは他にもありますが、官製はがきからA2サイズまで対応しているものはそう多くありません。又、「キャノン」は「iRW940」シリーズでA2サイズにまで対応しており、幅広い用紙サイズの事を考えて開発しています。更に「PlotWave」は914mmまでの用紙幅に対応したものを使う事が出来る様になっているため、非常に使いやすい事は間違いありません。「富士ゼロックス」でもA2サイズに対応した機種を持っており、モノクロの機種を選ぶ時に便利です。「Able」と言う名前となっているので、コンパクトなサイズと同時に試したい時に重宝する事は間違いありません。

様々なサイズに対応するかそれとも一定のサイズにするかによる

複合機のボディサイズも用紙サイズも幅広いものを選ぶか一定のサイズを選ぶかでかなり変わります。世界最小サイズとなっている「e-STUDIO」は「東芝」の製品であり、最も小さいサイズを選んでいくならかなりの数があります。用紙サイズはそこまで対応していないものの、A4サイズの印刷を圧倒スピードで行う事が出来る「ApeosPort」も高速で印刷する時に便利な機種です。小さいサイズでも中小企業が使うなら、「キャノン」の「C3320F」もおすすめとなっており、これ以外にもスモールオフィス向けの商品として同メーカーの用紙サイズを自動で検知してくれる機種も人気を集めています。本体自体のサイズだけを考えるなら、世界最小サイズを選ぶのも悪くありませんが、用紙サイズを同時に考えるなら少し違う形になる事も考えられます。 Young business lady is thinking about something.

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949