OA機器コラム

複合機とプリンターの違いについて

所謂複合機と呼ばれるものとシンプルに単能機と呼ばれるものとは

オフィスで良く用いられるものとして、原稿を印刷するプリンター、元の原稿を複写するコピ-機(複写機)、原稿をスキャンしてデ-タ情報に変換するスキャナ-、そしていわゆるFAXして送信するFAX機が上げられます。これらを単体として所有するとスペ゚-ス的に広い場所が求められて、事務空間を必要以上に占拠することになります。その為、それぞれの機能を一つのボデイに集約することで、与えられた空間を有効に使えるようにしたのが複合機であります。違いは出来ることの種類の数になります。その名前の通り、複数機能を備えたマシンが「複合機」であります。単能機はその機能一本だけということになります。それぞれの稼働率がそんなに高くない事務所では非常に効率的に稼働します。ただ同時にそれぞれの機能を使うことがあるだろう大きな事務所では、誰かが他の誰かの機能使用終了まで待っているという時間帯が出てきます。そのため、利用頻度の高い機能は単能機として追加設置している事例もあります。 Fotolia_79014743_Subscription_XXL

多機能が売り物の複合機の仕組み、メリットそしてディメリット

Young business lady is thinking about something.  一台のボデイにいくつもの機能を盛り込んだ複合機は、その為に色々と工夫がなされています。複合機はマシン本体上部に上へ持ちあげて開くフタがあり、その扉のようなフタを開けるとガラス面の台があります。その台でスキャナーでデジタルデータとして読み込まれ、あるいはコピ-機として複写されたり、あるいはFAXデ-タをとったりします。そしてマシン本体下部、もしくは横部からパソコンからの原稿情報をプリントアウトしたり、複写されたものが出てくるような形になっています。複合機はこのように非常に利便性が高いマシーンではありますが、各機能の使用頻度の違い等により壊れるのが同時期になるということはありません。その為、プリンタ-機能かコピ-機能のどちらかがダメになったら、新型複合機に置き変わってしまうことが多いです。

複合機の一つの機能としてのプリンタ-と単能機としてのプリンタ-

単能機としてのプリンタ-といえば、インクジェットプリンターがもっともポピュラ-であるといえるでしょう。個人ユ-スの一般消費者に向けて販売されているプリンターは、多くのものがインクジェット式です。片やオフィス向け複合機のプリンター機能は、レーザー式のことが多いです。方式が違います。インクジェット式はシンプルにいうと紙の表面に色を吹き付ける方式ですし、レーザー式はインクではなくトナーと呼ばれる顔料粉末が使われています。仕組みは、レーザーを帯電させた感光体に照射することによって、トナーを転写させるのです。写真などの光沢感や表現力はインクジェットの方が良いし、レーザー式は、印刷速度が速く、水に強いため、紙にもにじまない等のビジネスシ―ンではこちらの方が重宝されています。 Fotolia_92905528_Subscription_XXL

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949