OA機器コラム

複合機の仕組みについて

複合機のニーズ

最近のコピー機は複合機としてオフィスの重要な事務機器としてニーズが高まっています。
オフィスの環境がネットワーク化され社員一人一人にはパソコンが付与されて、業務が情報インフラであるLANを通して、メールという手段でやり取りされるようになっており、ペーパーによる情報のアウトプットやインプットと言った用途が出てきました。
この時に複合機の存在が欠かせなくなります。
複合機はコピー機、プリンター、スキャナー、そしてFAXの機能を持つマシンです。
その仕組みを知ると今のオフィスの用途に実にマッチングしているかが理解できることと思います。
複合機を構成する各パーツは、長年、各事務機器の技術で培われてきた者です。
それを一つにまとめられたのが複合機ですが、その内部にはあらゆるタスクを並行しながら制御、処理をしているのです。
Fotolia_79014743_Subscription_XXL

複合機のインプット機能

Fotolia_92905528_Subscription_XXL 複合機の機能には原稿を読み取るセンサーがあります。
これは、複合機のコピー機能、FAX機能、スキャナー機能の現行読み取りを司ることになります。
読み取る仕組みは、各機能途共通な技術なのですが、紙を手差しや自動送り機能で、大量の原稿を読み取っていきます。
その原稿データは複合機のメモリーの中に蓄積されることになります。 蓄積されたデータを次のアウトプット側に渡すことになるのですが、原稿を読み取る時には、センサーの読み取り走査線というものがあります。
縦横の走査線の数が多ければ解像度が上がってきます。
解像度が高ければ高い程、目の細かい鮮明な画像を再現することができるのですが、一方で情報量が多いのでメモリー容量をそれだけ占有してしまったり、アウトプット側でのデータ転送に時間がかかる等の注意点もあります。
従って、原稿を読み取る際には、その点を配慮した運用が必要です。

複合機のアウトプット機能

読み取られて複合機のメモリー内に蓄積されたデータはアウトプットされることになります。
アウトプットの仕組みがプリンター印字やコピーの印刷、あるいはスキャナーからのパソコンへの送信、FAX送信を司ります。
複合機はレーザープリンターやインクジェット式の印刷機能を持っています。
メモリー内に蓄積されたデータを複写して印刷狡コピーやLANを経由してパソコンで作成された資料を印字するネットワークプリンター年での役目を果たすのです。
また、公衆回線を通して外部の人にデータを送信するFAX。
スキャナーで読み取られたデータをパソコンに吐き出すネットワークスキャナーという機能もアウトプット機能に包含されることになります。
このようにアウトプット機能もコピー機やプリンターで開発された印刷技術を応用して使われることになるのですのですが、ペーパーレス化の流れの中でスキャナーとしての電子データ化というアウトプットの機能としても活用されるのです。

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949