OA機器コラム

複合機の販売代理店一覧

複合機の取り扱いをする代理店

世の中で複合機を生産・販売しているメーカーは数多くあります。
富士ゼロックス、リコー、キャノンをといった大手の複合機メーカーを中心に他にもたくさんのメーカーが複合機を供給しています。
しかし、メーカーだけでは日本全国の企業への対応は非常に難しいのが現状です。
企業ではオフィスの事務機器として、複合機が欠かすことのできない設備になっているのですが、必ずオフィスには1台はあると言っても過言ではないからです。
全国津々浦々の企業、オフィスの複合機を導入・設置するだけなくメンテナンス、消耗品の供給まで対応するのであれば、メーカーの販売代理店の存在が重要になってきます。
複合機の代理店は、全国規模の代理店から地元密着の代理店までありますが、メーカー単独の専売店もあれば、各メーカーを複合機を取り扱う併売店も存在するのです。
Fotolia_97081687_Subscription_XXL

複合機の代理店の役割

Handshake of men and women 複合機販売の代理店はメーカー毎の1次代理店、2次代理店というルートを通して、製品が販売されることもあるのですが、販売する実績台数に応じて、ランク付けされることもあります。
これによりメーカーからの恩恵を被るメリットがあります。
このような関係を保ちながら、代理店は複合機を長らく利用している顧客(=企業)の利用状況を把握しながら、老朽化した機器の更新提案・予算化、最適な設備配置のサポートをしています。
また、消耗品であるトナーカートリッジや専用紙の供給、故障が発生した時のアフターメンテナンスも代理店が請け負う場合もあります。
また、代理店は複合機を利用している企業に直接、接していることから利用者の悩みやニーズを把握している強みがあります。
よって、複合機メーカーが次期製本の開発や現行機器の問題点の改善等の意見反映にも代理店の散財が大きく寄与しています。

複合機販売代理店の新たな使命

一方で複合機の代理店の役割はさらに付加価値の高い仕事にシフトしてきています。
複合機とは、従来から事務機機として利用されていたコピー機やプリンター、FAX、といドキュメントスキャナーという各機器が一体化された事務機です。
この機器が利用できるようになったのは、オフォス環境が昔と比べて一変したからです。
それはLANでネットワーク化されたオフィス環境で、各従業員がパソコンを使うようになったからです。
これにより複合機はドキュメントを入力したら出力したりするマシンと位置付けられているのですが、最近のオフィス環境が有線LANから無線LANと移り変わっていることもあり、複合機の無線LAN対応化やドキュメントをトータル的に管理する文書管理システムの入力機器という役割も求めらています。
このようなニーズに対しても代理店のシステム設計力や対応力が求められているのです。
Fotolia_92905528_Subscription_XXL

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949