OA機器コラム

複合機にウイルスが入った際の対処法

直ちにパソコンとの接続を解除してウイルスを隔離する

複合機のハードディスクにウィルスが混入したケースはほとんど聞いたことがありませんが、万が一感染を発見した場合は、そのネットワークを経由してウイルスがパソコンに入りこむ可能性があります。このまま放置していると、複合機からパソコンにウイルスが入ってしまい、パソコンの設備が壊れてしまう可能性があります。まずは直ちにパソコンの接続を切り離して、複合機にウイルスが残っている状態にしてから対処することになります。
どこかへ移動してからだと、対処することが困難となってしまう可能性が高いだけでなく、複合機を利用する度に感染するパソコンが増えてしまいます。そのため接続を切って、複合機からウイルスを取り除く作業をすることとなります。発見した時点でウイルスが存在していることを全ての人に伝えることにして、勝手に複合機を動かさないようにすることも通知しておかなければなりません。

複合機のハードディスクのOSは独自のOSを採用しているメーカーがほとんどのため、Windowsやリナックスのように一般感染することは少ないと言えます。

0column_r3_c1

 

速やかにウイルスセキュリティでそのウイルスを排除する

次に行うこととして、ウイルスセキュリティを利用して排除する作業を行います。複合機にもウイルスセキュリティを入れることが可能となっているので、このセキュリティを起動して、感染しているウイルスのチェックを行います。もし感染していることが分かっているのであれば、確実に表示されることとなりますから、このウイルスを削除するようにしておきます。
中には重要なファイルが感染している場合もありますが、重要なファイルであれば感染しているファイルを隔離する等して、ウイルスが存在していない状態を作り出すこととなります。排除して再び利用した時に、何らかの問題が起きてしまわないように気を付けないと、また感染が広がってしまいます。セキュリティを利用して排除し、現時点では残っていない状態を作り出しておきます。

 

最後にウイルスに感染しないようにアップデートを

ウイルスを排除した後は、セキュリティのアップデートを実施してください。もしかしたらセキュリティ自体がアップデートされておらず、新しいウイルスを感知することが出来なくて感染している可能性があります。そのような場合は、基本的にアップデートを行うことで、すぐに排除してくれるようになるので、複合機が感染する確率を大きく減らしていけるようになります。
アップデートを実施して、ウイルス対策をしっかりしておけば万全な状態となります。抗体を作り出すことのできるタイプであれば、それを作って免疫のような状態を作り出し、そのウイルスを排除しやすい環境を作っておくといいです。アップデートをしないで放置することは、また同じような状態になってしまう可能性があるので、アップデートの状況についてはチェックが必要不可欠です。

カラー複合機のレンタルはこちらからご確認ください

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949