OA機器コラム

複合機のリース料一覧

複合機とは?今の時代に選ばれる複合機の種類!

今の時代では、会社などでほぼ確実に使用している複合機。
これがないと仕事にならない企業は沢山あると思います。しかし以前と比べて複合機の種類は大きく変わってきています。最近はエコの時代です。もちろん紙を多く使う複合機にもエコの波は押し寄せ、ペーパーレス化が増えています。一昔前まではただ印刷するだけの印象でしたが今のエコとITの技術革新により複合機も大きな進化をしています。複合機内にHDDがありデータとして保存でき印刷したいものだけを印刷する、また紙に印刷しなくてもパソコンから直接FAX送信ができる機能まで備えている複合機まであります。パソコンとの接続もWi-Fi(無線)で接続できるので設置も場所を選ばないなどビジネスを行ううえでの強い味方になっています。最近の複合機では読み取った原稿データをクラウド上に保存し、個人のスマートフォンやタブレット端末、パソコンなどに自由に呼び出したり、コンビニから印刷をかけることもできます。複合機とBIGPADを使用して会議資料を全てペーパーレスにすることも可能です。NTTでは紙の資料を使用しないという厳しいルールを施しています。
image-product-mp_c8002

 

複合機を使用するに当たってのリース契約の仕組み

Fotolia_97081687_Subscription_XXL

複合機を使用するには主にリースで使用するのが一般的です。
複合機のリースとはお客様が使いたい複合機を、リース会社が変わってメーカーなどから購入してお客様に貸し出すシステムの事です。
これによって企業は初期投資を抑えられ効率的に会社の運営ができるって事なんです。またリース料は経費としても処理できるので期間などにもよりますがリース料を全額経費で処理する事も可能です。このように、複合機をリースで利用する場合はメリットも非常に大きいって事もリース契約が多い理由のひとつです。
その証拠に複合機を使用している企業の内、およそ96%がリース契約しているそうですからいかに複合機のリースが流通しているかが良く分かります。

当社はリース以外にレンタル契約をメインで提供している数少ないOA機器のトータルソリューションカンパニーです。

 

複合機のリース料金、カウンターやメンテナンス料の比較

複合機をリースで使用する場合、本体自体のリース料金に加え、カウンター料金やメンテナンス料金も必要になってきます。
カウンター料とは一枚印刷する場合にその一枚に対する料金です。コンビニなどで印刷する場合料金を支払いますがようはあれと同じ事ですね。
カウンターはモノクロとフルカラーの2種類でだいたいの相場が、モノクロカウンターで約3~4円、フルカラーカウンターで20~30円の間ぐらいです。
ものすごい安いところではモノクロ1円フルカラーも10円程、なんていう販売会社もあるようですがはっきりいって赤字覚悟で、月に台数限定の提案をしているようです。 カウンター料金があまりにも安い会社の中では複合機本体のリース料金は高めだけど、粗利を稼いだ後、計画倒産を行う会社もあるので安さに飛びつくのは得策ではありません。
複合機自体のリース料は相場がおよそ約10,000円以上ですのでどんなに安くても月に10,000円以上はまずかかると思います。
複合機をリース契約する場合は必ず見積もりを複数の販売会社、リース会社からもらいきちんと比較をした上で契約する事が望ましいです。
またメンテナンス料金などは基本的にカウンター料金に含まれるというのが多いですがその辺も確認された方が後々、面倒な事にならずにすみます。

Fotolia_92993794_Subscription_XXL

カラー複合機のレンタルはこちらからご確認ください

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949