OA機器コラム

複合機の故障率について

他の印刷関係の機械に比べるとはるかに高い数字になる

複合機の故障率については、単純に機能が多くなっていることから、確率が上昇するようになります。他の機械よりもはるかに壊れやすいと言われていて、どんどん部品のトラブルなどで壊れやすくなってしまうのです。そのため注意して利用することを前提に考えていなければなりませんが、注意していても壊れてしまうのが複合機の問題点とされています。
故障率は他の印刷関係の機械に比べて倍くらいとされていて、定期的なメンテナンスをしっかり行うことによって、破損しないように気を付けていなければなりません。また複合機というのは、極端に使用しないと異常がでてしまう可能性がありますので、なるべく毎日過剰な負担のかからないように使用していくことが必要です。負担さえかけないようにしていれば、故障率が高くても継続して利用していけるようになります。
Fotolia_92993794_Subscription_XXL

 

壊れやすい原因はその複雑な機構が絡み合うことによる

Fotolia_97081687_Subscription_XXL 複合機の故障率が高くなってしまう要因として、複雑な機構によって作られている複合機は、別の機能を利用する時に複雑に絡み合うこととなります。そのため別の機能を利用していることが、故障率を上昇させる要因となってしまうのです。複雑に作られているものが、無理をして別の機能を上手く使えるようにしているので、結局かなりの故障率になってしまうこともあります。
色々と動かしているうちに、複雑な部分に負荷がかかることによって、故障率上昇の原因となってしまいます。1つの機能だけを利用しているようなら、そこまでの影響は決して起こらないとされています。しかし何でも利用できる複合機だからこそ、故障率というのは上がりやすくなっているのです。注意して利用していくか、あまり使わない機能は別の機械に置き換えることも大事なことです。

 

メンテナンスを継続していれば故障率は下げられるようになる

故障率を下げる要因としては、メンテナンスを継続するようにして、なるべく負荷を取り除くようにすることです。負荷が取り除かれることとなれば、それだけ故障率を下げる要因となるので、複合機は継続して利用することが可能となっているのです。メンテナンス業者にお願いして、数ヶ月に1回のペースでしっかりと直すようにしていれば、特に壊れることはありません。
またメンテナンスが終わった後は、暫く1つの機能だけを利用するようにして、負荷を軽減できるようにしておくことも大事なことです。かなりの負荷がかかってしまうことは、それだけ故障することが多くなることに繋がってしまい、あまりよくない状態となってしまいます。少しでも負荷を減らすようにしつつ、特定の機能だけを利用して機械に安定性をもたらすことも大事なこととなります。

Fotolia_74381449_Subscription_XXL

カラー複合機のレンタルはこちらからご確認ください

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949