OA機器コラム

印刷機のメーカー一覧

日本の二大印刷機メーカーといえばキャノンとエプソン

日本には様々な印刷機メーカーがありますが、それらの中で二大印刷機メーカーといえばキャノンとセイコーエプソンです。この2つのメーカーは群を抜いて、数多くの印刷機を販売しています。2014年の時点で、インクジェットプリンター製品を最も多く出荷しているのはキャノンです。このカテゴリーでキャノンが占める市場占有率は43.4%です。これに対してセイコーエプソンが占める市場占有率は41.1%になります。この数字から明らかな通り、キャノンとセイコーエプソンが日本における印刷機の分野では二大勢力となっています。しかし、世界におけるインクジェット印刷機のシェアナンバーワンはヒューレット・パッカードです。ヒューレット・パッカードが占める占有率は2012年では44%で、27%のキャノンは水を開けられている状況です。 professional printing machine

 

他にも日本にはたくさんの印刷機メーカーがあります

img_product60 キャノンとセイコーエプソンという二大印刷機メーカーの他にも日本には幾つもの印刷機メーカーがしのぎを削っています。出荷台数において市場占有率第3位に位置するのはブラザー工業です。インクジェット印刷機の分野でのブラザーが占める割り合いは10.2%です。第3位と聞くとかなり頑張っているように思えますが、市場占有率のパーセンテージを比較するならば、キャノンとセイコーエプソンには遠く及ばない数字となっています。インクジェット印刷機出荷台数第4位のメーカーはどこなのでしょうか?それはヒューレット・パッカードになります。世界的に有名なメーカーだけに第4位の位置するのも納得のゆくところです。他にもNEC、アルプス電機カシオ、京セラ、富士通、パナソニックなどインクジェット印刷機を製造・販売しているメーカーがあります。

 

世界的に有名な印刷機メーカーをご紹介します

先程も触れましたようにインクジェット印刷機の分野で世界トップのメーカーはヒューレット・パッカードです。ヒューレット・パッカードはアメリカ合衆国のメーカーで、2014年においてインクジェット印刷機の市場占有率を拡大させ好調を維持しています。レックスマークも世界的に有名な印刷機のメーカーです。レックスマークは元々はIBMの部門の1つでした。それが独立を果たし単体のメーカーとして活動するようになった企業です。さらにサムスンもインクジェット印刷機を製造・販売しています。日本ではサムスンはスマホというイメージが強いかもしれませんが、しかしインクジェット印刷機にも力を入れていて、最近では世界的にシェアを伸ばしています。 ph2s

印刷機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949