OA機器コラム

【初心者のための】印刷機の構造

ガリ版からデジタル印刷機へ

「印刷」とは、版にインクをつけ、紙などに文字や絵、写真などを刷ることを言います。昔の日本ではガリ版による印刷が多く使われていましたが、今ではガリ版がデジタル印刷機に取って代わり、手を汚さずに大量の印刷を行うことができるようになりました。
また、現代では二次元の媒体だけでなく、車体などの3次元の曲面にも直接印刷できるような技術が開発されています。印刷は、様々なものに対して行うことができ、気体以外のものであればどんな物質に対してもできるとされています。
0column_r1_c3

 

版式による印刷方法の分類

professional printing machine 印刷の方法は、版式により4つに分類されます。
・凸版
版の凹凸を利用して印刷する方法の一つで、版の凸部分にインクをつけ、紙に転写する方式です。
木版画や活版印刷がこの方式です。印刷時の圧力により、紙に凹凸ができることがあります。また、印刷された文字にインクの横漏れなどにより本来の活字の横幅以上に余分に太くなる部分であるマージナルゾーンが見られることが特徴です。凸版では、版は左右逆に作られます。
・凹版
凸バントは逆に、凹凸をつけた版の凹部分にインクをつける方式です。版にインクをつけた後、凸部分のインクを取り除き、紙に転写します。繊細な線を表現できることから、偽造防止目的のために紙幣や収入印紙の印刷に用いられます。
また、写真も綺麗に印刷できるグラビア印刷も凹版の仲間です。
・平板
版には凹凸をつけず、化学的な処理により版の上に親油性の部分と印刷をしたくない親水性の部分を作ります。インクを親油性の部分に乗せて、紙に転写する方式です。一番普及しているオフセット印刷は、この方式がとられています。
・孔版
版に微細な孔を多数開け、上からインクを通すことにより紙に転写します。古くは我利眼もこの方式の一種で、今ではスクリーン印刷にこの方式が応用されています。スクリーン印刷は、紙以外にもガラス・プラスチック・金属・布など様々な素材にも印刷できます。

 

デジタル印刷機の構造

デジタル印刷機の構造は主に、マスター、ドラム、インク、インクローラー、プレスローラーから成り立っています。
まず、パソコンから送られた原稿データが印刷機に送られます。原稿データを元に、マスターと呼ばれる印刷する際の版のフィルム面に熱によって孔が開けられ、版を作成し(製版)、ドラムに巻き付けられます。ドラムの内側からインクローラーがインクを押しだして、ドラムを通過した後、マスターの原稿パターンに沿ってインクが押し出され、プレスローラーで押さえて紙に転写します。
Fotolia_92905528_Subscription_XXL

印刷機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949