OA機器コラム

【こんな時どうする?】印刷機のトラブル一覧

印刷した後に何故か紙に痛みが出ている場合のトラブル

印刷機を利用している時に、印刷後の紙が痛んでいたり、場合によっては穴が開いてしまっていることがあります。また穴が開いていなかったとしても、ウェーブのかかったような状態になってしまい、乾かしてもまともな状態にならないことがあります。これらの問題点については、トラブルの中でも良く発見されやすいとされており、大体の原因は内部に異物が混入している場合です。
機械は徐々に摩耗して異物を作り出してしまうので、印刷機を利用している時に故障をしていなくても、何らかの異物を吐きだしてしまいます。これが印刷する部分にくっついてしまい、そのまま印刷されておかしな状態になってしまうのです。これは印刷機内部のクリーニングをしっかり行うことによって、綺麗にすることが可能となり、通常の状態に戻っていきます。
Fotolia_95239912_Subscription_XXL

 

印刷機のインクが全く乾かず、インクが垂れてしまう

ct200818 インクが全く乾かないという問題が生まれることもあります。本来印刷機というのは、トナーを利用しているレーザープリンターなのですから、そう簡単にインクが垂れるような状態は起こらないことになります。しかしインクが乾かない場合もあり、それによって色々な問題が起きてしまいます。印刷機を使っているうちに、インク部分に問題が生じたことによって生まれるトラブルの1つです。
このトラブルについては、インク自体に問題があるか、インクの噴射部分で過剰に出てしまっており、乾かなくなっている可能性が高いです。トナーを交換することによって解消されることもあれば、機械内部のクリーニングを行わないと綺麗にならないことがあります。また過剰にインクが出ていることは、裏移りや別の紙にも変なインクが付くことになるので、問題点がさらに増えることもあります。

 

紙が出てこなくて印刷が停止してしまうトラブルも多い

結構多い問題として、紙が印刷機から出てこなくなり、そのまま印刷が止まってしまうことがあります。こうしたトラブルについては、紙が変な方向で入ってしまった場合、または印刷機の中で変に動いてしまって印刷されなかったという問題になります。紙の方向をしっかり見ておけばこうしたトラブルは起こらないようになっているのですが、稀に機械内部で起こってしまうこともあるのです。
解決策としては、まず紙の方向性をしっかり確認して、正常に印刷されていることを確認しなければなりません。変な方向で印刷されているような状態になっている場合は、それを修正してしっかり印刷できるようにすることです。またトラブルが頻繁に起きている時は、ほぼ間違いなく内部で絡んでいる可能性があります。機械の中身を見て、正しい状態に戻すことになります。
Fotolia_97081687_Subscription_XXL

印刷機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949