OA機器コラム

【初心者のための】印刷機の原理

初心者のためのレーザープリンターの原理について

我々の生活にとって、またオフィスなどでの業務において、印刷機はなくてはならない存在となっています。一時期、エコロジーブームの流れもあって、ペーパーレスが求められた時代もありましがた、結果としてはペーパーレスは実現しておらず、我々が紙の印刷物を使わない日はありません。そこで、ここでは各種の印刷機の原理について書いてみたいと思います。
まず、オフィスやコンビニエンスストアのコピー機などでおなじみのレーザープリンターです。レーザープリンターの原理としては、感光ドラムと呼ばれる筒状の部品の周囲に、印刷したいもののイメージをレーザーで露光し、そこにトナーと呼ばれる微粒子を現像します。そして、この印刷イメージを紙に転写して、定着させることで印刷するのです。
img_product60

 

初心者のためのオフセット印刷機の原理について

Fotolia_92905528_Subscription_XXL 我々の生活にとって、紙の印刷物を使わない日はなく、印刷機による印刷がなくなる可能性は低いということについて書いてきました。この中で、最も我々の身近にある印刷機として、レーザープリンターの原理についてご紹介しましたが、ここでは業務用印刷機に多く使われているオフセット印刷の原理についてご紹介してみたいと思います。
オフセット印刷は、業務用印刷機においては主流の印刷方式となっており、新聞や雑誌などの印刷に使われる輪転機ですら、印刷方式としてオフセット印刷を取り入れているものが多くなっています。
オフセット印刷とは、版によって紙に直接印刷するのではなく、一度ゴムブランケットなどの中間転写体に転写してから、目的の紙に印刷する方式です。中間転写体を使うことから版の磨耗が少なく、非常に鮮明な印刷を実現することができる方式です。

 

初心者のためのインパクトドット印刷機の原理について

最後に、少し古い印刷方式ですが、未だに複写式の紙などへの印刷において、なくてはならない印刷方式の原理についてご紹介してみたいと思います。それは、インパクトドット方式と呼ばれる印刷方法で、インクリボンと呼ばれるインクをしみ込ませた布を、突起状のピンで紙に押しつけてインクを転写する方式です。紙に対して強い圧をかけるために、カーボン紙などの複写式の紙に用いられるケースが多くなっています。
複写式の紙については、例えば宅配便の配送伝票などで我々にも身近な存在ですから、非常に古い印刷原理ありながら未だに消えることなく活用されています。複写式の紙に印刷する方式としては、レーザープリンターのようなものでは不可能なため、インパクトドット方式が使われるのです。
lpca3etc9r4

印刷機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949