OA機器コラム

3Dプリンタ特集

データさえあれば思い通りの形を作れる夢のプリンター

印刷機の中でも現在注目されているのは3dプリンターです。この3dプリンターはデータさえあれば、思い通りの物を短時間で制作することができるということで注目されています。3dの応用の幅はとても広いといえます。例えば、オリジナル設計の家を建てるとします。これまでは建てる家のイメージを掴むためには紙にイラストを描くというのが一般的でした。模型を作るという方法もありますが、制作にかかる時間や価格を考えますと実際的ではありませんし、できた模型がやや実際のイメージとはかけ離れているということも生じます。しかし、3dプリンターを使うなら簡単に作成することができますので、実際のイメージを掴むには最適な方法といえます。これによって実際に建てた時にイメージと違っていたという事態を極力減らすことができます。また、フィギュアが趣味の人は自分でイメージしたフィギュアを制作することができます。他にも医療現場や宇宙工学など幅広い分野で3dプリンターが期待されています。 Fotolia_79014743_Subscription_XXL

3dプリンターの価格はピンからキリまであります

Young business lady is thinking about something. 革命的な印刷機である3dプリンターの価格が気になるかもしれません。価格はピンからキリまであります。家庭用の3dプリンターの場合10万円程で購入することができます。少し前までは30万円以上していましたので、かなり安く購入できるようになりました。家庭用の3dプリンターの印刷方式は熱溶解積層と呼ばれるものです。樹脂を少しずつ重ねてゆき形を形成してゆくというものです。本格的な3dプリンターになりますと、その価格はグーンと高くなります。例えば粉末固着方式と呼ばれる3dプリンターの場合、その価格は5000万円になることもあります。また、粉末焼結という方式の3dプリンターですと1億円という価格のものもあります。3dプリンターはどのような方式かによって価格は大きく異なります。

夢の3dプリンターだが、問題点もたくさんあります

夢の印刷機3dプリンターは本体価格が高いということに加え、他にもいろいろなクリアーしなければならない問題が山積みのようです。例えば、作ってはいけないものを作ることができるというは1つの大きな問題です。例えば、銃を作ってはいけないことは誰でも分かります。しかし、3dプリンターがあれば銃を作ることは理論上可能といえます。実際、銃を3dで制作したということで逮捕者が出ています。また、3dでわいせつ物なものを作ることができるようにデータを不特定多数の人に配布したという罪で女性芸術家が逮捕されたというニュースもありました。そのような道徳上の問題も3dプリンターははらんでいます。他にも考えるべき様々な問題を3dプリンターは克服する必要があります。 Fotolia_74381449_Subscription_XXL

印刷機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949