OA機器コラム

【これだけ知っていれば大丈夫】印刷機のドラム交換方法

印刷機にセットされるドラム交換の方法と注意点について

レーザー式の印刷機ではインキの代わりにトナーを使うことになりますが、そのトナーの粉をつけて紙に転写する部分がドラムです。トナーはインキと同じように、無くなれば交換することになります。一方でドラムもトナーの粉が付着したり磨耗することにより、次第に印刷品質が低下してくるのでドラム交換が必要となります。目安としてはトナーを3回ほど変えるとドラムも寿命とされています。そこで交換メッセージが印刷機本体に表示されることになるので、手順に沿って交換することになります。その際には、ドラムの取り扱いには注意事項があるので、それを把握した上で交換することが必要となります。高い印刷品質を維持するためにも知っておきたいことになります。 Young business lady is thinking about something.

印刷機のドラム交換の際には必ず注意しておきたいこと

Fotolia_97081687_Subscription_XXL まず印刷機のドラムは強い光に弱いことを知っておくことが大切です。太陽の直射日光はもちろんのこと、蛍光灯の光も長く当てることは避ける必要があります。目安としては5分以上明かりの元に放置しないことが大切です。ドラム交換が表示されて、本体から取り外したならば添付されている黒い袋に入れておくことになります。また、感光ドラム部分は傷がつきやすいので手で触れたりしないように注意する必要があります。また、ドラムに付着しているトナーの粉が手や服につかないように注意することも大事です。ドラム交換を行ったらトナーも一緒に交換することになるので、トナーの用意をしておくことも大切です。ドラムの寿命としてはおよそ2年間が目安となるので、頭に入れておくことが大事です。

印刷機のドラム交換に関しての知っておきたい情報のあれこれ

印刷機のドラム交換は、自動的にその時期がメッセージで表示されることになります。そのままにしておくと印刷が行えなくなる場合もありますし、そのまま使用を続けることができる場合もあります。けれどもそのまま使用を続けると、汚れや磨耗などによりかすれが生じるなど品質が落ちることになります。場合によってはトナーが印刷機の内部にこぼれ落ちるようになります。すると、高電圧部分に飛び散ってしまい電気回路が故障する原因にもなります。そのために、トナーの交換回数やドラム交換を最後に行ってからの期間をチェックしておいて、予備のドラムを準備しておくことが大切です。メッセージが表示されたならば、速やかに交換できるようにしておくことが必要です。 Fotolia_92905528_Subscription_XXL

印刷機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949