OA機器コラム

【これだけ知っていれば大丈夫】印刷機のヘッドクリーニング方法

基本の掃除の仕方にもなるので、ヘッドクリーニングのやり方は覚えておきたい

印刷機にはヘッドクリーニングと言う方法が存在しており、寿命を長くする又は印刷をしやすくするなどの効果があります。印刷機も機械なので、勝手にゴミが溜まります。きちんと掃除の方法さえ知っておけば、機械の故障を起こす可能性も低くなり、専門の掃除業者に依頼しなくても済むので、コスト削減にも繋がります。windowsの場合にはスタートボタンから印刷機の設定の画面に飛ぶ事から始まります。印刷設定から基本設定とページの設定以外の欄にある事が多く、そこを開きます。すると、ヘッドクリーニングを行うと言う画面設定が出て来るので、ここをクリックします。注意点としてはヘッドクリーニングをする際には機械にあるブラックなどのインクを消費する事にあります。又、cdなどが挿入されている場合には機能しない可能性もあるので、予め抜いておく事も大事な準備です。 Fotolia_79014743_Subscription_XXL

カラーとブラックを別々にクリーニング!?ノズルも大事

professional printing machine 最終的にはノズルのチェックを行うのですが、ブラックのインクを消費する事を理解したら後は機械に任せるだけです。機種によってはカラーとブラックを別々にクリーニングする事が出来る様になっています。そのため、手順の途中でブラックだけをクリーニングしたい場合などはそこに注意したいところです。最初に記載した通り、ノズルのチェックを行ってヘッドクリーニングが完了した事になります。最初にノズルのチェックを行っておけば、どの様に変化したか一目瞭然です。ノズルチェックとヘッドクリーニングは交互に行う事が大切であり、これがコツともなります。又、解決出来ない場合は時間をおく事で解決出来る事があります。目詰まりしているインクがなくなる事になるので、これで完全なクリーニングが行えます。

ノズルチェックとヘッドクリーニングは密接な関係!

印刷機の「ユーティリティ」と言う名前を覚えておくと次からの作業も楽になります。クリーニングを行う場合には必ずノズルチェックをしてからと言うのが基本です。ヘッドクリーニングをしている時に強力なクリーニングを要求される場合がありますが、これは機械がそうした方が解決出来る事を推奨しているので、迷わずやる事も大切です。ノズルチェック、クリーニング、ノズルチェックの順番で一回ずつ見る事が基本です。その後に時間をおくなどして解決出来ればそれで大丈夫です。ヘッドクリーニングが必要である証拠はカラーの線に空きが出来ているとイメージしておくと分かりやすくなります。最後にインターネット通販では印刷機のヘッドクリーニングに対応している洗浄液と言うのが存在しています。これを使う事で回復出来る事もあるので、試してみても損ではありません。 Young business lady is thinking about something.

印刷機をレンタルするならOA9

 

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949