OA機器コラム

印刷機のカンタン掃除術

最初に印刷機とコピー機の違いを理解することの必要性について

印刷機という言葉を耳にすると、多くの人はオフィスやコンビニエンスストアなどにあるコピー機のことを思い浮かべます。しかし印刷機とコピー機も「印刷」という用途は同じ部分を待っていますが実は全く違う面があります。印刷機は別名「輪転機」と呼ばれており、印刷に重点をおいて作りになっています。例えば学校でプリントを何万枚もの大量の印刷物を印刷するのなら印刷機を使用する方が良いでしょう。コピー機は「複合機」と呼ばれていて、ファックスやスキャナーなどが装備されています。コピー機は会社の業種を選ばず様々な場合に対応しますから、多くの会社のオフィスに置かれているのはコピー機となります。印刷機とコピー機は構造も違うので、勿論メンテナンスの方法にも違いがあります。印刷機は製本、複写という流れで印刷物を印刷します。印刷方式はインクで、版画と同じになります。ですから印刷する際機械にこびりついてしまうインクを洗浄することが、印刷機の掃除をするということになるのです。 professional printing machine

印刷機のメンテナンスについての考え方2種類について

Fotolia_97081687_Subscription_XXL 印刷機のメンテナンスには大きく2つの考え方があります。1つはなるべく印刷機自体を長持ちさせて使うという考え方です。そしてもう1つは印刷機を消耗品として短期でフル回転で使い新しい技術に対応していくという考え方です。これはどちらが正しいというものではなく、印刷物の安定した供給を良しとするか、またはより質の高い印刷技術を求めるのかのどちらに重きをおくのかの違いです。しかしどちらを選ぶにしても機械の維持という点においては変わりなく、印刷機のメンテナンスのための機械の掃除は不可欠になります。というのは印刷機は定期的に掃除、給油をしなくてはならないからです。印刷機メーカーは印刷機を納入する際には必ず使い方の説明と給油を含めたメンテナンスの仕方を印刷現場で働く従業員にレクチャーします。しかし印刷の現場では日々の業務の合間に、メーカーに言われた通り印刷機をコマメに掃除することができにくいのが現状です。

特に汚れが落ちにくい部分に対する近年の現場の対処法について

印刷機のメンテナンスということでは、どの印刷機であってもインクのカス、紙粉がでます。それらは印刷機の配管やタンクにヘドロのようにたまってしまい、こびりついてなかなか取りきれないという困った事態をひきおこします。これを取り去るには強い洗浄力を持つ洗浄液が必要となってきます。ですからどの印刷会社も良い洗浄液がないかということには気を配っています。しかし強い洗浄液は印刷機の汚れを簡単に落としますが、その分人体や環境にあまりよろしくないという商品も多く、しかも近年は環境問題に配慮するという視点も必要になってきています。ですから「カンタン掃除術」ということにおいては、汚れ防止という視点が非常に重要となってきています。例えばあらかじめタンクの中に汚れ付着防止剤を入れておく、タンクに付着防止用に装着するテープを貼っておくという方法などがあります。少し変わった方法として、従業員に対象にして印刷機のメンテナンスについてのを勉強会を開く会社もあります。これは「印刷機のカンタン掃除術」というタイトルに反してはいますが、従業員の印刷機に対するメンテナンス知識が向上し、結果として現場の業務がスムーズになるという良い流れを生みだすきっかけになることもあります。機器の掃除を含むメンテナンスという考え方においては「カンタン掃除術」という考えそのものが少し難しいのはなかなか困ったものです。 Young business lady is thinking about something.

印刷機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949