OA機器コラム

【決定版】印刷機用紙一覧

印刷機で使用する用紙の種類とその特徴について

印刷機で印刷を行う場合には、まずどんな用紙を使うのかを決めることになります。用途に合わせて様々な種類があるので、その特徴を知っておくことは大切です。大きく分けると、印刷用の用紙はコート紙とマット紙、上質紙になります。通常の書類のプリントや印刷で使用するのは上質紙となります。その中でもメーカーなどによって種類は変わることになりますが、基本的な質感は同じものとなります。紙自体に光を吸収する性質があるので、文字などが見やすい特徴を持ちます。ただし、インキも吸収するためにカラー印刷においては、光沢感が無くなります。彩度も低いので鮮やかな色合いを求める場合には不向きとなります。用紙の価格も高めとなります。 0column_r1_c3

印刷機でパンフレットなどを印刷するのに適した用紙とは

Fotolia_79014743_Subscription_XXL カラー写真を多用した鮮やかなパンフレットなどを印刷する場合には、用紙はコート系やアート系のものを使うことになります。色の発色が良くカラー写真は最も綺麗に印刷できるものとなります。用紙の単価も最も安いのが特徴となります。また耐水性においても、他の2種類よりは高いものとなります。同じパンフレットでも、会社案内など高級感を持たせたい時にはマット系のものを使うことになります。コート系と比べると落ち着いた感じになるので写真の彩度は少し落ちることになります。価格はコート系よりも高めとなります。インキも沈み込みやすいので、乾燥が早い特徴を持ちます。用途に合わせてどちらを選ぶかを決めることになります。また、紙の厚さも色々と用意されています。

印刷機で使用することができる特殊な用紙について

印刷機では複合機とは異なり、実に様々な用紙を使うことができます。紙の厚さもダンボール紙のようなものにも対応しています。特殊紙として割とよく使用されるのがユポです。正確には紙でありませんが、優れた耐水性を持つことにより、屋外でのポスターやステッカーなどに利用されることになります。インキは一切吸収しないので、乾くのにかなりの時間がかかることになります。他に表面がデコボコしている特殊な質感を持つエンボスがあります。パンフレットなどの表紙や特別なメッセージカードなどに使われるものとなります。印刷機における印刷作業では技術を要するために、サービス業者によっては品質に違いが出ることもあります。厚みもあるので耐久性にも優れたものとなります。 Fotolia_92905528_Subscription_XXL

 

印刷機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949