OA機器コラム

【おススメ】ブラザーの印刷機

ブラザー製の印刷機の中で1番人気のあるHL-L2365DW

家庭用印刷機という分野ではセイコーエプソンとキャノンが激しいシェア争いをしていますが、その影に隠れて余り目立たないもののブラザー製の印刷機の中にも優れたものがあり、オススメできるものがあります。ブラザー製の印刷機の中で1番人気のある印刷機はHL-L2365DWです。この機種が発売開始されたのは2014年9月です。出始めの頃はおよそ20000円しましたが、現在では12000円ほどで購入できるまで価格が下がっています。多くの人が気に入っていることの中にレーザー印刷があります。インクジェット印刷機は目詰りしやすいという欠点があります。これに悩まされてきた人にはレーザーは魅力に映るようです。またコストパフォマンスに優れているという評価も数多く寄せられています。

インクジェットプリンター複合機DCP-J137Nもシンプルでいい

ブラザー製で人気がある別の商品はDCP-J137Nです。この機種の発売は2014年10月ですが、発売当初の価格は約8000円でした。現在では最安値のお店で4300円ほどで販売されています。1年程で約半分の価格になりました。4000円台という価格は複合機としては破格といえます。お手頃な価格ですが、機能性をユーザーはどのように評価しているのでしょうか。両面印刷がないのは残念ですが、基本的な性能は十分という声が聞こえています。また多くのユーザーが気に入っていることの中に、ヘッド部分を自動的にクリーニングしてくれる機能があります。これは使用頻度が少ない人には大変ありがたい機能です。インクが乾いてしまいは長い期間使用していないと乾いてしまい目詰りしやすくなります。それを防ぐのに良い機能といえます。

DCP-J557Nもユーザーから高い評価を受けています

2014年8月に発売されたDCP-J557Nもユーザーから高い評価を受けています。この機種がユーザーに支持されていることの中に、インクの持ちの良さがあります。エプソンやキャノンの印刷機を使用している人から出る多くの不満はインクの減りが激しいという点です。そのために両社に対して不信感を抱いている人も少なくありません。それに対しブラザー製の印刷機はインクの持ちがよく、大変良心的な会社だという評判です。また黒単色の印刷ができることも受けているようです。キャノンやエプソンはカラーインクが無くなると、黒が残っていたとしても黒インクだけの印刷ができなくなってしまいます。しかし、ブラザー製の印刷機はインク切れ後30日間でしたら、それが可能となっています。とても評判が良いと言えます。

印刷機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949