OA機器コラム

空気清浄機の掃除について

空気清浄機も掃除をしないと効果が半減するので注意しましょう

一年中使用することの多い空気清浄機ですが、やはり使用する上での掃除と言うものは非常に重要となってます。何故なら空気清浄機とは部屋の空気を吸気して空気中のちりやほこり、花粉などを除去し、綺麗な空気を排気しているためです。その為使用すれば空気清浄機にはどんどんちりやほこりなどが蓄積していくことになりますし、それによりフィルターの目詰まりなどが起きていしまい、吸気が上手くいかないといった状態になることが考えられます。そのまま使用し続けると空気清浄機自体に負荷がかかることにも繋がりますし、最悪の場合故障と言ったことも考えられるわけです。その為必ず定期的な掃除は必要不可欠だといえますし、掃除をすることにより空気清浄機の機能を最大限に発揮することが出来ると言えます。 Fotolia_79014743_Subscription_XXL

空気清浄機を掃除する場合にはどこを重点的に行うと良い?

Young business lady is thinking about something. 空気清浄機の掃除を行う場合、何処を重点的に行うとよいのでしょうか。これは空気清浄機の種類によっても異なりますが、全ての空気清浄機に言えるのは、一番外側に付いているフィルターの掃除が最も重要になると言えます。最も外にあるフィルターをプレフィルターと呼びますが、そのプレフィルターの部分で大きなほこりなどを取り除いているため、もっともほこりなどが溜まり易い部分となります。プレフィルターは全ての空気清浄機に必ず装備されている部品となりますので、そこを定期的に重点的に掃除することで、空気清浄機の効果を常に保つことが可能になります。掃除方法としては掃除機でフィルターに付着しているほこりを吸い取る方法がもっとも効果的ですので、定期的に掃除機で吸い取るようにしましょう。

内部フィルターの状態も定期的に確認をしましょう

空気清浄機の中には内部にもフィルターを装備しているものの多々あります。特に空気清浄と加湿が出来る空気清浄機の場合や、脱臭効果のあるフィルターを装備して売る空気清浄機の場合、内部のフィルターが汚れたり傷むことによりカビ臭さなどが空気共に出る可能性があります。そのためプレフィルターの掃除だけでなく、内部のフィルターの掃除も必要となりますし、内部フィルターには使用期限があるため期限を迎えた場合には交換をすることも必要となります。最近の機種では内部フィルターの寿命が5年~10年という機種もあり、その場合はほぼ交換する必要が無いと言えますが、旧機種の場合は内部フィルターの寿命が半年~1年というものも多く、購入してから一度も変えていない場合、内部フィルターの効果が失われている場合もありますし、フィルターから逆にほこりが出てくるということもありますので、交換日を正しく把握しておくことも必要となります。

空気清浄機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949