OA機器コラム

安くコスパのいい空気清浄機はこれ!

安い空気清浄機でコスパの高いモデルは?

空気清浄機を導入した場合部屋の空気の清浄が可能になりますが、いざ購入しようと考えた場合にはどの空気清浄機がもっともコストパフォーマンスが高いのか、安い空気清浄機でも問題ないのかといった不安や疑問が出てくるといえます。空気清浄機の一般的な平均価格は2万円~3万円が平均だと言えますので、決して安い買い物ではないと言えます。その為出来るだけ安くてコスパの高いモデルを購入したいと誰もが考えるわけですが、現在コスパが高く安い空気清浄機のおすすめは、シャープとツインバードの2社がおすすめの空気清浄機だと言えます。シャープの場合は価格が高いと言うイメージがありますが、その中でもKC-D50という機種はコスパが高いと評判の機種です。ツインバードの場合は基本的に安価なモデルが多いため、どの機種を選んでも満足できる空気清浄機を購入できると言えるでしょう。

シャープのKC-D50の特徴とは?

Fotolia_79014743_Subscription_XXL シャープの空気清浄機であるKC-D50の特徴は、価格が安いのに性能が優れているという点が大きな特徴だと言えます。価格は15000円程度で購入が出来るのに、シャープ独自のプラズマクラスターを搭載し、更に加湿機能まで搭載しています。プラズマクラスターを搭載していることで空気中のウイルスや花粉などを除去することが出来ますし、kのプラズマクラスターには臭い除去も可能になると言う特徴がありますので、空気清浄、加湿、臭い除去の3つの働きがあると言えます。空気清浄の性能は8畳の部屋で有れば12分で空気清浄可能ですあい、最大で23畳までの部屋でも空気清浄機能が働きます。温度や湿度をセンサーで見張って知らせる機能も搭載していますので、部屋の乾燥時には加湿を行うことも出来ます。電気代に関しても1日24時間稼働でも4円という安さですし、シャープお得意のエコ技で電気代を大幅にカットできるため、コスパに優れた空気清浄機だと言えます。

ツインバードの空気清浄機の特徴は?

ツインバードの空気清浄機の特徴は何と言ってもその安い価格にあります。現在ツインバードから発売されている空気清浄機は、最も安い機種で希望販売価格が4000円、最も高価な機種でも15000円となっており、実売価格はもっと安価に販売されています。最も安価なモデルは空気清浄機能に特化したコンパクトタイプでAC-4233Wと言う機種になりますが、実売価格はamazonなどを見ると2700円程度で購入が可能となっています。卓上のため置き場所も選びませんし、追加で購入しても費用がそれほど必要ないため、子供部屋などに置くのに適していると言えます。最も高価なAC-D358PWというモデルはマイナスイオン発生機能が搭載されており、空気清浄機能も0.3ミクロンのハウスダストまで除去可能となっています。希望販売価格は15000円ですが、実売はamazonなどを見てみると6980円程度で購入が出来るため、性能に対する価格が安く非常にコスパに優れたモデルと言えます。

空気清浄機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949