OA機器コラム

加湿機能搭載の空気清浄機はこれ!

空気清浄機は加湿機能搭載を選ぶのがベストな選択

空気清浄機には、加湿機能付きと無しのタイプがあります。まず、加湿機能にはどのような効果があるのでしょうか。冬場は、空気が乾燥します。乾燥状態の部屋では、インフルエンザウィルス、雑菌等が活性化し、風邪を引きやすくなります。さらに肌や髪が荒れやすくなり、ボロボロになる可能性もあります。そして空気が乾燥していると、より寒さを感じやすくなってしまうでしょう。

従って、加湿を行う事はとても重要です。そして空気清浄機を買う際、加湿機能付きを選ぶのが最善と言えるでしょう。大きな理由は、スペースを有効活用できると言う点です。加湿機能付きと無しのタイプ、大きさを比較すると、大きな差はありません。加湿機能付きが、数センチ大きくなる程度です。では、室内を広く使い、空気を清浄し、加湿を行う加湿機能登載空気清浄機、人気の2商品に注目してみましょう。

Fotolia_79014743_Subscription_XXL

シャープKC-D50は薄型スリムデザインが人気

加湿機能搭載の空気清浄機、人気はシャープのKC-D50です。プラズマクラスター7000を搭載、プラスとマイナス両方の静電気を除去します。結果、静電気が起きず、微粒子が壁等に付着する事がありません。そしてスピード除電気流によって、ホコリや菌、粒子などを吸収します。搭載しているHEPAフィルターは、0.3μmという超微小な粒子を約99.97%集じんし、10年間交換不要です。

加湿機能も充実しています。Ag+イオンカートリッジを搭載、生菌の繁殖を抑制します。Ag+イオンカートリッジが無い場合、タンクやトレーがぬめり、悪臭を放つ事もあるでしょう。加湿フィルターは、湿度が低い時は加湿し、湿度が高いときは加湿を停止します。部屋を常に適度な湿度に保ってくれるのです。壁際にスッキリ設置でき、エコ運転時は1日の電気代がわずか4円と、経済的にもとても魅力的です。

ダイキンTCK70P(ACK70P、TCK70P)はストリーマが魅力

ダイキンのTCK70P(ACK70P、TCK70P)も人気の高い商品で、空気清浄能力は目を見張るものがあります。フィルター、アクティブプラズマイオン、ストリーマにより空気を清浄します。ホコリや黄砂はもちろん、花粉、ダニ、カビ、排ガス、粉塵、ホルムアルデヒドなどをすべて抑制、分解、除去します。

加湿機能も優れていて、湿度調整機能が搭載されています。他社の加湿機能は細かな設定はなく、ユーザーが湿度を選択する事は出来ない物がほとんどです。しかしこのTCK70P(ACK70P、TCK70P)は、3段階で湿度調整が可能です。40%、50%、60%と任意で設定出来るのです。光速ストリーマと銀イオン抗菌剤により、ダブルで加湿部の除菌が行われるのも心強い点です。そして加湿機能を使用しても、風量が減少する事がないよう設定されています。加湿フィルターは10年交換不要、電気代も、エコ節電時は一日3.3円とお得です。

空気清浄機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949