OA機器コラム

空気清浄機はつけっぱなしにしていいの?

空気清浄機を24時間つけっぱなしにしておくメリットとは

室内の空気をクリーンにする空気清浄機ですが、24時間つけっぱなしにしておいた方が良いのかという疑問があります。基本的に室内に発生するほこりは綿ぼこりが多いものですが、床に落ちてしまうと空気清浄機でも吸い上げることは難しくなります。そのために空気中に漂う間に吸収することになります。ただし人が居ない間には綿ぼこりは舞い上がることがないので、空気清浄機は止めておいても問題は無いことになります。けれども空気清浄機の機能は様々なところで働くことになります。例えばペットを飼っている場合であれば、常につけっぱなしにしておくと消臭効果が続くことになります。留守の間であっても、運転を続けておけば室内に臭いが染み着くことを防ぐことができます。 Young business lady is thinking about something.

建物の周辺環境によっても空気清浄機をつけっぱなしにしておく方が良い

Fotolia_79014743_Subscription_XXL 空気清浄機を使用する室内環境によっては、常につけっぱなしにしておいた方が良い場合があります。例えば大通り沿いの建物であれば、車の排気ガスなども室内に入りがちになります。たとえ窓を閉めたままにしていても、わずかずつですが室内に入り込んでくるものです。このような環境であれば、空気清浄機を24時間つけっぱなしにしておいた方が室内をクリーンに保つことができます。特にアレルギー物質などが入り込むことによって人体にも影響を与えることになります。そのような物質も分解吸着する空気清浄機があるので、健康にとっては大きな効果を生むことになるわけです。また、空気清浄機は何度も室内の空気を循環して取り込むことで少しずつクリーンにしていくものでもあります。

空気清浄機をつけっぱなしにしておくと気になる電気代について

空気清浄機を24時間つけっぱなしにしておくと、気になるのが電気代です。特に最近の高機能な空気清浄機は電気代もかかるために、ずっとつけたままにしておくと気になるものです。特に外出から帰ると屋外からの空気が入り込んだり、衣服についた花粉などを吸い込むために急速運転を行うことになります。その時には一時的に電気代もかなりかかりますが、通常は軽く運転しているので、それほどには電気代はかからないものです。センサーが働くことで必要がある時に効率良くハウスダストなどを吸い込むことになります。そして普段はゆっくりと室内に気流を作り出すことによって、浮遊するカビなども分解吸着することで壁に付着することを防いでいます。

空気清浄機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949