OA機器コラム

ダイキンとシャープのおすすめ空気清浄機はこれ!!

ダイキンとシャープの空気清浄機の比較

空気清浄機の2大人気メーカーといえばダイキンとシャープです。
シャープはコマーシャル効果も相し、プラズマクラスターという単語は幼稚園児でも知っている程。
その言葉の響きから空気を綺麗にしてくれるパワーがイメージしやすく、消費者にとっては魅力的な商品となっています。
一方、根強い人気なのがダイキンです。ダイキンは企業用の製品を作っているという印象が強いですが、消費者から信頼を得ている背景には、やはりその性能にあります。決して見た目、宣伝等、表立った派手さはありませんが、プラズマイオンとストリーマの力を持つ実力派の空気清浄機と言えます。
それぞれの空気清浄機の特徴ですが、シャープは背面の広い面積で埃や花粉などを吸引します。それに比べて、ダイキンは上部、側面2か所の計3か所から部屋の空気を吸い込みます。
部屋の置く場所によっても、壁付けするならダイキン、部屋の中央に置くならシャープという選び方もできるのです。
Fotolia_79014743_Subscription_XXL

ダイキンのおすすめ空気清浄機

今や空気清浄機に加湿機能がついているのは常識となっていますが、それに除湿機能もプラスされているのがダイキンのクリアフォースZです。
「除湿機能って意味あるの?」という声が聞こえてきそうですが、大いに意味があるのです。日本の四季の変化にこの1台で適応できるのです。
梅雨のジメジメや雨の日、冬の結露などはカビの繁殖が気になります。しかし、除湿機能がついていることで、湿度をコントロールしてカビの発生を防ぐほか、乾きにくい洗濯物も乾きやすい環境を作ることができるのです。
ダイキンの強みである3か所から空気を吸引し、プラズマイオンの力で空気中の汚れをキャッチする電気集塵方式に、シャープでも使用されている高性能のHEPAフィルターと有害な物質を分解するストリーマが合わさったモデルなので、空気を綺麗にする力も頼もしい限りです。

シャープのおすすめ空気清浄機

シャープの空気清浄機といえばプラズマクラスターですがそのプラズマクラスターが従来1立方センチメートル辺り7000個だったのが、パワーアップして25000個となったモデルがおすすめです。
その差は空気を綺麗にするスピードの速さです。他にもカビやウイルスの繁殖を抑える力もあり、肌をきれいにする効果まであるのです。
また、ルーパーが動き、広い範囲に綺麗な空気を送ることができ、場所を指定して空気を届けることもできます。センサーも感度が良く、気になるPM2.5の有無もお知らせしてくれます。
シャープの強みはデザインにもあります。部屋に置いても機械という重さを感じさせないスタイリッシュなフォルムとカラーでインテリアを選ぶような楽しさで空気清浄機も選ぶことができます。

ダイキンやシャープの空気清浄機をレンタルするならOA9

 

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949