OA機器コラム

寝室におすすめの空気清浄機はこれ!

寝室設置に絶対必要なのは、静穏機能があるかどうか

睡眠の場である寝室は、何よりもリラックスできる環境が欲しいものです。特に空気の状況も重要で、空気清浄機を設置する人も多く、需要も強いと言えます。
寝室に空気清浄機を置く際に真っ先に気を付けたいのが、静穏モードがあるかどうかです。ナイトモードやお休みモードなどメーカーによって呼び名は様々ですが、自分が眠っている間に空気清浄機がフルパワーで動き続けていれば音もうるさく感じるものです。
もともと音を抑えてくれる工夫がされているものもありますが、パワーに不満が出る場合がある等一長一短です。そのため、通常時はパワフルに運転でき、休む時は静かにと動作モードが変更できるものが最も適していると言えます。
快適な睡眠には音の面が重要になるため、最低限気を付けたいポイントと言えます。
Young business lady is thinking about something.

ランプの消灯と、加湿機能がついているかも重要

Fotolia_79014743_Subscription_XXL 寝室用の空気清浄機を選ぶ際に気を付けたいポイントは他にもあります。それは、ランプの消灯と加湿機能があるかどうかです。寝室で眠る時の明るさは人それぞれですが、特に部屋が暗くないと眠れないと言う人には、ランプの消灯が出来るかが重要になります。
暗い中では空気清浄機のランプ状態も意外と目立つため、夜間はランプ状態の消灯が出来るだけでも眠り心地に大きく差が出てきます。
また、加湿機能がついている空気清浄機も出ており、特に冬場の乾燥している時期などは重要と言えます。別々の物を買って動かす方法もありますが、近年は除菌と加湿を同時に行える空気清浄機も増えているため、眠りの質にこだわるのであれば、そういった一体型を購入し、可能な限り部屋をすっきりとさせる事も重要と言えます。

空気清浄機は部屋のサイズも考えて選ぶ事も重要

静穏機能や、ランプの消灯などをつけたナイトモードを搭載した空気清浄機は、本体価格が2万円を超える高級機が中心となっており、使用できる部屋の広さによっても価格が変わってきます。
これは、メーカーが想定する部屋のサイズに必ずしも合わせる必要があると言う事ではなく、小さな部屋に大型の空気清浄機を入れればそれだけ余裕を持って運転が出来る事がメリットと言えます。
消費電力でマイナスになる場合もありますが、近年の空気清浄機は省エネルギー化も進んでいるためそれほど差異は無いと言えます。
特にお勧めなのは、各メーカーの最上位モデルです。メーカーが威信をかけて開発しているため、それぞれに魅力を詰め込んだうえ、使い心地なども練りに練られている事も多いからです。
一方で金額も跳ね上がってしまいますので、自分の予算に応じて、サイズの小型化することや、メーカーを選びなどを考えてみるのもお勧めです。

 

空気清浄機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949