OA機器コラム

2015年最強の空気清浄機はこれ!

第一位!cado/AP-C700S

日本では、スピードよりも除去率が空気清浄機に求められる傾向にありますが、世界ではスピードが最も重視されています。
それもそのはず、成人では1分で12~20回の呼吸をしています。赤ちゃんではなんと1分あたり、20~30回にもなります。吸い込んでしまう前に素早い空気の清浄が必要となるのです。購入の際には、何よりも「清浄スピード」を重視しましょう。
この製品の魅力は世界に認められた最強とも言える清浄能力です。
米国家電協会が、空気清浄機の集じん性能を測る国際的基準として設けた1分当たりに供給できる清浄な空気の量の指数=CADR(クリーンエア供給率)において、cadoが日本メーカーにおいて最高値を叩き出しました。
その清浄能力は、1分で畳3畳という驚きのデータです。
PM2.5も定着する前にしっかりとキャッチしてくれます。

第二位!バルミューダ/Airengine

形も発想も今までになかったタイプの空気清浄機です。
吸引用と送風用の2つのダブルファン構造が部屋の隅々まで集塵を可能にしました。
従来の様に、前面や後面からだけの空気吸引ではなく、360℃酵素フィルターを通って空気が浄化され、真上へと吹き出されます。これが部屋全体に渡る空気の流れを効果的に作り出す構造になっているのです。これにより、従来では清浄機周辺の効果しか得られにくかったのに対し、ウイルスサイズのものはもちろん、空中を浮遊する大きな粒子まで部屋中の有害物質にアプローチ可能です。
美しくスタイリッシュなデザインに、置き場所に必要な面積はわずかA4 の紙一枚分というコンパクトさ。
操作も簡単でシンプルなため、どなたでも簡単に使う事が出来ます。

第三位!パナソニックF-VC70XJ

例えばシャープだと背面吸気となり、効果的な集塵が難しくなります。
それに対し、パナソニックは前面吸気。
こちらの空気清浄機は加湿機能も備えています。
夏になれば、エアコンで部屋の空気が乾燥し、冬もまた暖房を入れるので夏以上に乾燥しがちです。
そんな時に、この製品が大活躍する事間違いありません。
フィルターのお掃除が簡単なのも魅力です。フィルターは簡単に取り外し可能で、掃除機でさっさと掃除出来ます。
カビが気になる加湿フィルターは月に1回水で押し洗いするだけで十分です。
パナソニック独自の人センサーで、ほこりが舞う前に人を探知してお掃除を始めてくれるので、人の出入りの激しいリビングにはとても最適な空気清浄機なのではないでしょうか。

2015年最強の空気清浄機をレンタルするならOA9

 

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949