OA機器コラム

【初心者のための】空気清浄機の洗浄の仕方

空気清浄機の洗浄で注意すべきこと

部屋の空気をクリーンな状態に保ってくれる空気清浄機ですが、多いのが空気清浄機を使いっぱなしで全く掃除も洗浄も行わずに使用し続けているケースです。基本的に空気清浄機は本体内部のフィルターや集塵ユニットと呼ばれる部分で埃や塵を除去しているため、その部分の洗浄や掃除を行なわない場合、集塵能力が著しく低下しますし、フィルターの目詰まりは本体故障の原因にもなります。そのため定期的なフィルターやユニットの洗浄が必要となるわけですが、初心者が失敗しやすいのが全てのフィルターやユニットを同じように洗浄してしまうケースです。フィルターと言ってもその形状や素材に違いがありますので、それにあった洗浄方法が必要となりますし、洗浄ではダメな場合には交換をすることも考えなければいけません。 Fotolia_79014743_Subscription_XXL

 

プレフィルターの洗浄方法

Fotolia_97081687_Subscription_XXL 空気清浄機にはプレフィルターと呼ばれる本体外部に付いているフィルターがあります。機種によっては本体を開けたときに最も外側にあるのがプレフィルターと呼ばれるフィルターで、このフィルターで大きな埃やごみなどを除去していることになります。エアコンの中にあるフィルターを想像してもらうと分かりやすいでしょう。このプレフィルターの洗浄に関しては、まず掃除機で表面の埃を吸い取ることから始める必要があります。通常は定期的に掃除機で吸い取るだけで問題ないのですが、初心者の場合全くプレフィルターを掃除していない場合も考えられますので、その場合は大きな埃を吸い取った後、水洗いで埃を取り除くと綺麗になります。その場合はあまりごしごし擦らずに優しく水洗いを行なうとよいでしょう。

 

内部フィルターやユニットの洗浄方法

空気清浄機にはプレフィルター以外に内部フィルターや集塵ユニットと言ったものを搭載している機種もあります。その場合の洗浄方法は、基本的につけおき洗いが必要となります。内部フィルターの場合う外側にあるプレフィルターとはその材質や形状が異なるため、プレフィルターほど強度が高くないものがほとんどです。そのため水洗いで軽く擦るだけでもフィルターが傷んでしまうことがありますし、集塵ユニットの場合は内部の洗浄が困難な場合もあります。そのためつけおき洗いで埃を除去するのが基本となります。掃除機で埃を吸い取れる場合は出来る限り埃を吸い取っておくとつけおき洗いの効果も高くなります。その後は自然乾燥を行い、元の位置に内部フィルターやユニットを戻せばOKです。ただし内部フィルターの目詰まりがあまりにも酷い場合にはフィルターの交換も必要となりますのでその場合は交換を行ないましょう。 K0000572688_0001

空気清浄機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949